• 2019/08/23

ニールセン、18-29歳女性の「Instagram」アプリ利用状況を発表

・「Instagram」は5年連続で2桁成長を続け、2019年6月の利用者数は2,257万人 ・「Instagram」はスマートフォン利用者全体の32%が利用 ・「Instagram」の若年層女性ユーザーがよく利用するアプリは写真加工系、ファッション系と「Snapchat」


  • 2019/07/31

Phybbit、「アドフラウド調査レポート 2019年7月」を発表

株式会社Phybbit(東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子、以下Phybbit)は、「アドフラウド調査レポート2019年7月」を公開しました。国内最大級のAI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF」で解析した約4,551億6,066万ものデータ結果となります。(調査期間:2019年1月1日 〜 2019年6月30日) ダウンロードはこちらから( https://spideraf.com/adfraud-report-whitepaper-2019-07


  • 2019/07/29

電通グループ3社、日本初「物販系ECプラットフォーム広告費」を推計

株式会社D2C、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社電通のグループ3社は、「日本の広告費」関連市場の把握の一環として、わが国で初となる「物販系ECプラットフォーム広告費」※1の推計を共同で実施しました。



  • 2019/07/26

カタリベ、コンテンツマーケティングに関するノウハウを公開

株式会社カタリベ(本社:東京都新宿区、代表取締役:永瀬義将、以下カタリベ)は、自社ホームページに「ノウハウ」カテゴリーを新設し、コンテンツマーケティングに関するお役立ち情報を公開したことをお知らせいたします。


  • 2019/07/26

電通デジタルとアドビ、 「消費者のデジタル体験に関するインサイトリサーチ」の結果を発表 ―参照されても構わない個人情報にも変化―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)とアドビシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下、アドビ)は、日本の消費者1,000人を対象にデジタル体験の好みや企業への期待について調査を実施しました。調査レポートより、主な調査結果を発表します。


  • 2019/07/12

RTB House、eコマースにおけるアプリに関するデータを発表

ディープラーニング(深層学習)に基づいた最先端のマーケティングテクノロジーをグローバル展開するRTB House(本社:ワルシャワ、社長:ロバート・ディチコフスキー)は、現在出回っているリターゲティング広告向けの在庫の80%以上がモバイル端末上にあるという調査結果を発表しました。モバイル端末ユーザーのほとんどがアプリを活用し、ショッピングアプリに費やされる時間も急激に増える中、モバイルアプリ内でのリターゲティング広告に好機が訪れています。


  • 2019/07/04

オプト・コネクトム・イグニション・ポイント、『消費者のデジタルシフト調査レポート 2019』を発表

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)と株式会社コネクトム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久米田 晶亮、以下コネクトム)が設置する有店舗事業者のデジタルシフトを支援する組織「オムニチャネルイノベーションセンター」は、新規事業創出、企業のイノベーションを支援するイグニション・ポイント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:青柳 和洋、以下イグニション・ポイント)と、共同で『消費者のデジタルシフト調査レポート 2019』を創刊したことを発表いたします。


  • 2019/06/13

電通、「世界の広告費成長率予測」(2019年6月改定)を発表 ~デジタルが引き続き二桁成長~

◆ 2019年の世界の広告費成長率は3.6%、広告費は6,099億ドルと予測 ・ 全般的に堅調な成長は続くものの、先行き不透明な経済状況が及ぼす消費活動への影響と中国、ロシア等における成長の減速により、前回予測(2019年1月)の3.8%を今回予測(2019年6月)では3.6%に下方修正。 ◆ 2020年の成長率は4.1%と予測、2010年から11年連続の成長見通し ・ 引き続き安定的な成長で2019年の予測成長率を上回り、2018年の成長率(実績)4.3%のレベルまで回復する見通し。 ◆ 媒体別では、デジタルが引き続き二桁成長で広告市場全体の成長を牽引 ・ 2019年の成長率は11.5%と予 … Continue Reading →



  • 2019/06/03

サイバーエージェント、「店舗集客型デジタル広告(O2O広告)」の市場規模調査を実施

2019年の店舗集客型デジタル広告市場は、昨対比約2倍の405億円に。2024年には2019年比約6.4倍の2,586億円に到達見込み。


  • 2019/04/23

Criteo、2019年度ゴールデンウィークトレンドレポートを発表〜令和元年のオンライン広告は先手必勝が鍵〜

インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供する Criteo(クリテオ、本社:フランス、日本取締役社長:グレース・フロム、以下 Criteo)は、目前の大型連休に向け、昨年のゴールデンウィーク前後の日本の消費者のオンライン上での動向を分析した、「2019 年度ゴールデンウィークトレンドレポート」を本日公開しました。


  • 2019/04/05

デジタルインファクト、インフルエンサーマーケティングの市場規模を発表

株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区 代表取締役 野下 智之、以下「デジタルインファクト」)は、インフルエンサーマーケティング市場の調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。