• 2019/04/23

Criteo、2019年度ゴールデンウィークトレンドレポートを発表〜令和元年のオンライン広告は先手必勝が鍵〜

インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供する Criteo(クリテオ、本社:フランス、日本取締役社長:グレース・フロム、以下 Criteo)は、目前の大型連休に向け、昨年のゴールデンウィーク前後の日本の消費者のオンライン上での動向を分析した、「2019 年度ゴールデンウィークトレンドレポート」を本日公開しました。


  • 2019/04/05

デジタルインファクト、インフルエンサーマーケティングの市場規模を発表

株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区 代表取締役 野下 智之、以下「デジタルインファクト」)は、インフルエンサーマーケティング市場の調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。


  • 2019/03/19

JIAA、ネイティブ広告の効果を実証

一般社団法人日本インタラクティブ広告協会(所在地:東京都中央区、理事長:髙田佳夫、略称:JIAA)は、「ネイティブ広告におけるメディアの価値検証調査」を実施し、メディア+広告枠+広告コンテンツで形成されるネイティブ広告は、「ブランドリフト効果」「コンテンツへの興味喚起・誘導効果」「ブランドイメージ醸成効果」が得られると実証されましたので、その結果をお知らせいたします。



  • 2019/03/15

D2C/CCI/電通、共同でインターネット広告媒体費の詳細分析を実施

電通グループ3社(D2C/CCI/電通)は、電通が2019年2月に発表した「2018年 日本の広告費」の調査結果のうち、インターネット広告媒体費の内訳を、広告種別、取引手法別、デバイス別などの切り口で分析し、さらに2019年の予測を加えた「2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」(以下、本調査)を発表しました。


  • 2019/02/28

電通、2018年の日本の広告費を発表 ーインターネット広告費は1兆7,589億円にー

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は本日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2018年(平成30年)日本の広告費」を発表した。 2018年(1~12月)の日本の総広告費は、戦後最長といわれる景気拡大に伴い、6兆5,300億円、前年比102.2%となり、7年連続でプラス成長となった。なお、2018年の名目国内総生産(GDP)に対する総広告費の比率は1.19%である。


  • 2019/01/11

電通、「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」を発表

2018年の世界の広告費成長率は4.1%と予測 ・中国、英国、ブラジルなどのけん引により、前回予測(2018年6月)の3.9%を、今回予測(2019年1月)では4.1%へと上方修正。


  • 2018/12/18

PubMatic、動画広告の利用に関する意識調査を実施

パブマティック株式会社(本社:米国カリフォルニア、以下 PubMatic)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、メディアバイヤー(広告主および広告代理店)を対象に、2018年の国内市場の動画広告に関する意識調査を実施しました。


  • 2018/11/30

サイバーエージェント、2018年国内動画広告の市場調査を実施

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)はインターネット広告事業における動画広告に特化した研究機関、オンラインビデオ総研(※1)と、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、国内動画広告の市場動向調査を行いました。



  • 2018/09/12

MediaMath、Econsultancyと共同でマーケターに対し調査を実施

MediaMathはEconsultancyと共同で実施した調査レポートを発表しました。昨今、消費者のプライバシー保護や広告体験のパーソナライゼーションに関する協議が盛んに行われていますが、この調査ではほとんどのマーケターが消費者を最優先にしたマーケティングの重要性を理解しているにも関わらず、多くがそのベストプラクティスを実践できていない現状が浮き彫りとなりました。


  • 2018/09/06

Appier、「アジア太平洋地域でのデジタル変革の促進における人工知能の重要性:フォレスター調査」を発表

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、本日、「アジア太平洋地域でのデジタル変革の促進における人工知能の重要性:フォレスター調査」と題した調査レポートを発表しました。本調査はAppierの委託によりForrester Consulting社が実施したもので、AIの導入率は調査対象となった8か国のうちインドネシアで最も高く、65%の回答者が自社において「導入中」、さらには「拡張中」「機能改善中」と回答したことが明らかになりました。 アジア太平洋地域におけるAIの導入動向を明らかにすることを目的に実施された今回の … Continue Reading →


  • 2018/08/31

企業口コミサイトキャリコネ、「広告業界の働きやすい企業ランキング」を発表

年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」(https://careerconnection.jp/)(運営:株式会社グローバルウェイ、本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、「広告業界の働きやすい企業ランキング」を発表します。