• 2017/11/15

サイバーエージェント、2017年国内動画広告の市場調査を実施

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のインターネット広告事業が運営する、動画広告に特化した研究機関であるオンラインビデオ総研(※1)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、国内動画広告の市場動向調査を行いました。 本調査では、インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額を推計し市場規模予測を算出しております(※2)。調査結果は以下のとおりです。


  • 2017/11/13

CyberBull、スマホ動画広告の視聴と生活者の態度変容に関する調査結果を発表

スマートフォンの動画広告、半数以上が最後まで視聴経験あり 10代は約6割、30代~40代の男女においても4割以上の結果に   株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)の連結子会社で動画広告に特化した広告代理事業を行う株式会社CyberBull(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中田大樹 以下CyberBull)は、スマートフォン動画広告の視聴と生活者の態度変容に関する調査結果を発表いたします。 調査サマリー ・スマートフォン上で動画広告を最後まで視聴した経験がある人は半数を超え、30代、40代の男女においても4割 … Continue Reading →


  • 2017/10/26

IAS、ディスプレイ広告の不正インプレッション/ブランドセーフティ/ビューアビリティについて2017年上半期の調査結果を発表

インテグラル・アド・サイエンス(日本オフィス:東京都品川区、代表取締役社長:藤中 太郎、以下 IAS)は本日、2017年上半期(H1)の「メディアクオリティレポート(以下 MQR)」の調査結果を発表しました。同レポートはIASがグローバルで年2回実施している調査で、パブリッシャーダイレクト(純広)およびプログラマティック・チャネルを通じて提供されるディスプレイ広告について、不正インプレッション、ブランドセーフティ、ビューアビリティを主要な指標としています。従来の対象国は米国、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリスで、今回より日本をはじめブラジル、イタリア、スペイン、シンガポールの5 … Continue Reading →



  • 2017/10/18

Appier、アドフラウド対策モデルの効果に関するレポートを発表

本レポートは、2017年5月から8月の4ヶ月間にAppierが実際に実施した、アドクリックやアドインストールといった40億のキャンペーンデータポイントの分析結果を元にしています。このレポートでは、AIベースのフラウド検出モデルは、従来のルールベースモデルの検出方法と比較して、2倍のフラウドを特定できたことが明らかになりました。AIベースのフラウド検出モデルの優位性は、従来のモデルでは検出が難しかったアドフラウドのパターンを見つけ出すことができる点です。


  • 2017/10/18

Roxot、ヘッダー入札のベンダー別の媒体導入状況を調査

In collaboration with publishers using Prebid Analytics by Roxot, Roxot conducted a header bidding partners research based on the real publishers’ client-side data. With the rapid development of header bidding, publishers are often overwhelmed with a variety of header bidding wrappers, demand … Continue Reading →


  • 2017/10/10

adjust、2017年上期のゲームマーケティングを振り返る「日本国内ゲーム事業ベンチマーク」を発表

AdjustがTGS2017で得たインサイトについてご紹介したいと思います。日本のゲーマーを獲得するにはどういうマーケティングの手法が最適かということを解明するため、データを詳細に分析した結果、市場の理解に必要となる新しいベンチマークを得ることができました。


  • 2017/10/03

博報堂DYメディアパートナーズ、「第5回動画サービス利用実態調査(2017年7月)」を実施

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:矢嶋弘毅)は、「第5回動画サービス利用実態調査」を実施しました。 「動画サービス利用実態調査」は、2015年12月に第1回を実施し、年2回10万人規模のサンプル数でインターネット経由で視聴できる動画サービスの利用実態を定点的に把握すべく行っています。


  • 2017/09/19

サイバーエージェント傘下AJA、国内プライベートマーケットプレイス市場調査を実施

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社でメディア発のアドテクノロジー事業を行う株式会社AJA (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山田陸)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、国内プライベートマーケットプレイス(以下:PMP)の市場動向調査を行いました(※1)。



  • 2017/08/25

Appier、「アジア太平洋地域版クロスデバイス利用動向調査(2016年下半期)」発表

広告主にとって、マルチデバイス利用が活発な日本の消費者にクロスデバイス広告は不可欠日本の消費者はスマートフォンでのウェブ利用が優勢、土曜日が利用のピーク


  • 2017/08/22

AppLift、最新のアドフラウドに関するレポートを発表

全世界のモバイル向けプログラマティック広告の不正の分布パターンが判明 モバイルアドテクのリーダー企業であるAppLift( http://www.applift.com/ja )は、世界的なアドフラウド(広告詐欺)の分布データを調査し、明らかにしたレポート「モバイル広告Fraudとの戦い:次のバトルグラウンド」の日本語版eブック( http://insights.applift.com/mobile-fraud-ebook-ja/ )を本日公開しました。


  • 2017/08/01

Criteo、デジタルマーケティングレポートを発表 ~オンライン・オフライン上で複雑化する買い物客の行動への対策とは?~

パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2017年度デジタルマーケティングレポート(Digital marketing Report)を発表しました。