• 2018/01/31

CA Young Lab、2017年国内YouTuber市場調査を実施

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、若年層マーケティング事業を手掛ける株式会社CA Young Lab(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:須田瞬海、以下CA Young Lab)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、国内YouTuber市場動向調査を行いました(※1)。


  • 2018/01/31

ビデオリサーチインタラクティブ、2017年の動画広告出稿状況を発表

インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之<えんどう としゆき>)は、動画広告の広告統計サービスをもとに、2017年の動画広告出稿状況について取りまとめました。


  • 2018/01/29

モメンタム、「アドベリフィケーション推進協議会」において国内での実態調査レポートを公開

Momentum株式会社(以下、モメンタム)は、アドベリフィケーション推進協議会※1において、国内のアドフラウド、ブランドセーフティー、ビューアビリティーの状況を、海外主要諸国と客観的に比較・把握するために実施した調査を集約し、発足後初となる「アドベリフィケーション問題に関する実態調査レポートvol.1」を公開しました。



  • 2018/01/17

電通イージス・ネットワーク、「世界の広告費成長率予測」を発表

2018年の成長率は3.6%、総広告費は5,895億ドルに


  • 2018/01/11

Criteo、2018年デジタルコマース&マーケティングの展望 ~8つのキートレンドを発表~

パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」レポートを発表しました。


  • 2017/12/21

Oath、クリスマスショッピングに関する意識調査を実施

日本人がクリスマスプレゼントにかける金額は平均20,000円以上、あらゆる世代がオンラインショッピングによる自宅配送を利用


  • 2017/12/07

Criteo、最新のグローバル・コマース調査の分析結果を発表

コマースマーケティングのテクノロジー企業である、Criteo(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2017年第3四半期のグローバル・コマース調査の分析結果を発表しました。


  • 2017/11/28

Criteo、年末商戦トレンドレポートを発表

コマースマーケティングのテクノロジー企業である、Criteo(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、日本における年末のショッピング傾向やユーザーの動向などに関する「年末商戦トレンドレポート 2017」を発表しました。



  • 2017/11/15

サイバーエージェント、2017年国内動画広告の市場調査を実施

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のインターネット広告事業が運営する、動画広告に特化した研究機関であるオンラインビデオ総研(※1)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、国内動画広告の市場動向調査を行いました。 本調査では、インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額を推計し市場規模予測を算出しております(※2)。調査結果は以下のとおりです。


  • 2017/11/13

CyberBull、スマホ動画広告の視聴と生活者の態度変容に関する調査結果を発表

スマートフォンの動画広告、半数以上が最後まで視聴経験あり 10代は約6割、30代~40代の男女においても4割以上の結果に   株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)の連結子会社で動画広告に特化した広告代理事業を行う株式会社CyberBull(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中田大樹 以下CyberBull)は、スマートフォン動画広告の視聴と生活者の態度変容に関する調査結果を発表いたします。 調査サマリー ・スマートフォン上で動画広告を最後まで視聴した経験がある人は半数を超え、30代、40代の男女においても4割 … Continue Reading →


  • 2017/10/26

IAS、ディスプレイ広告の不正インプレッション/ブランドセーフティ/ビューアビリティについて2017年上半期の調査結果を発表

インテグラル・アド・サイエンス(日本オフィス:東京都品川区、代表取締役社長:藤中 太郎、以下 IAS)は本日、2017年上半期(H1)の「メディアクオリティレポート(以下 MQR)」の調査結果を発表しました。同レポートはIASがグローバルで年2回実施している調査で、パブリッシャーダイレクト(純広)およびプログラマティック・チャネルを通じて提供されるディスプレイ広告について、不正インプレッション、ブランドセーフティ、ビューアビリティを主要な指標としています。従来の対象国は米国、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリスで、今回より日本をはじめブラジル、イタリア、スペイン、シンガポールの5 … Continue Reading →