• 2017/09/06

博報堂とプレースホルダ、AR・VR領域における共同研究を開始

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)と株式会社プレースホルダ(東京都千代田区、代表取締役社長:後藤貴史、以下プレースホルダ)は、AR・VR領域における「体験型アトラクション」についての共同研究契約を締結し、研究を開始しましたのでお知らせします。


  • 2017/04/06

フジテレビ、総合デジタルプロデュース業務の受注WEBサイト「Fuji VR」をリリース

株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:亀山千広、以下フジテレビ) は、テレビ番組制作で蓄積した制作能力、技術力を活かし、より多くの企業や自治体、アミューズメントパークの事業展開をサポートするため総合デジタルプロデュース業務の受注を開始します。それに伴いフジテレビVR事業部が運営するWEBサイト「Fuji VR」を2017年4月5日(水)より開設いたします。


  • 2017/03/30

オプト、ワン・トゥー・テン・ドライブとデジタルとリアルが連動した体験を提供する「drop: Phygital Marketing Lab」を発足

IoT/AI/ VRなどの未来技術を取り入れたブランド体験とマーケティングソリューションを提供



  • 2017/01/24

DAC、ゲートウェイと共同でVRコンテンツの制作・配信・分析をワンストップで行うソリューションサービスを提供開始

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田 雅也、以下 DAC)は、VR事業を展開するゲートウェイ株式会社(所在地:東京都江東区、代表取締役:根本竜太、以下ゲートウェイ)と提携し、VR(仮想現実)コンテンツの制作・配信・分析をワンストップで行うソリューションサービスの提供を開始します。


  • 2016/12/20

LegolissとFiveHangouts、VR領域専門のマーケティング支援会社を設立

VR対応のゲームやミドルウェア開発事業を運営するダズルとの業務提携を締結


  • 2016/12/15

電通が運用するベンチャーファンド「電通ベンチャーズ」、VRエンターテインメントコンテンツを開発する米国「サビオス社」に出資

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」(以下「電通ベンチャーズ」)は、VRエンターテインメントコンテンツを開発する米国の「Survios, Inc.」(本社:カリフォルニア州カルバーシティ、創業者CEO:Nathan Burba、以下「サビオス社」)に出資しました。


  • 2016/12/01

サイバーエージェント、VR事業子会社の「VR Agent」設立

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、VR関連事業を行う連結子会社として株式会社VR Agent(ブイアールエージェント)を2016年12月1日(木)に設立いたしました。


  • 2016/11/28

博報堂DYメディアパートナーズ、VR領域媒体社向けソリューション「VR Factory for Media」サービス開始

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎、以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、VR(Virtual Reality:仮想現実)領域の視聴環境・流通プラットフォームとコンテンツ制作をワンストップで媒体社に提供するソリューション「VR Factory for Media」(※1)のサービス提供を開始します。「VR Factory for Media」の提供にあたっては、ゲートウエイ株式会社(本社:千葉県木更津市、代表取締役:根本竜太、以下ゲートウエイ)と共同で進めています。



  • 2016/11/07

電通、VR領域をビジネス化するグループ横断組織「Dentsu VR Plus」を設置

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、成長著しいバーチャルリアリティー(以下「VR」)領域をビジネス化していくため、本日付で、グループ横断組織「Dentsu VR Plus」(電通VRプラス)を立ち上げます。


  • 2016/10/18

博報堂と博報堂プロダクツ、 VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」設立

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)と博報堂グループの総合制作事業会社、株式会社博報堂プロダクツ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 江花昭彦)は、VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」を設立いたしました。


  • 2016/10/17

VR広告システムのVRize、新サービス「VRize Video」を発表、さらに資金調達も実施

株式会社VRizeは、このたび事業拡大のためB DASH VENTURES株式会社、株式会社Speeeを引受先とし、第三者割当増資を実施いたしました。 今回の資金調達を含め、累計での資金調達額は数千万円後半となります。