• 2012/10/02

DFAのAttribution Modeling Toolがローンチ

ここ数ヶ月で各データ統合や新機能の開発が進められてきたGoogleの第三者配信プラットフォームDFA(DoubleClick for Advertisers)。 2012年9月27日、Multi-Channel Funnels内にAttribution Modeling Toolが実装された。 Making better decisions: Attribution Modeling comes to DFA http://doubleclickadvertisers.blogspot.jp/2012/09/making-better-decisions-attribution.html 公式 … Continue Reading →


  • 2012/10/02

モーションビート、「BehaviAd」「adPapri」「Fluct」とRTB接続

モーションビートのRTB Exchangeサービスが、アドネットワーク「BehaviAd」「adPapri」、SSP「Fluct」の3サービスと連携し、RTB接続を開始した。 モーションビートが運営するスマートフォンに特化したRTB Exchangeサービス 「AdStir RTB Exchange」が、「BehaviAd」(ゴーガ)、「adPapri」(スパイア)の2つのモバイルアドネットワーク、およびSSP「Fluct」(adingo)と連携し、RTB接続に対応した。  これによってBehaviAd、adPapri、Fluctを使用しているメディアは、AdStirと接続している多くのDSP … Continue Reading →


  • 2012/10/02

DAC、マレーシアのInnityを関連会社化

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、マレーシアの総合デジタルマーケティング企業Innityの株式の追加取得を行い、関連会社とした。  Innityは、東南アジア市場における最大級のアドネットワークを運営する総合デジタルマーケティング企業。デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、Innity株式の追加取得を行い、2012年9月26日付でInnityを関連会社とした。  両社は今年6月、DACによるInnityへの資本参加、東南アジア地域におけるRTB(リアルタイムビッディング)市場への共同参入、日本企業向けの統合デジタルマーケティングサービスを提供する合弁会社i-da … Continue Reading →



  • 2012/09/27

サイバーエージェント、機械学習によるコンテンツと検索順位結果の関係の研究を開始

インターネット広告のサイバーエージェントは、機械学習によるウェブサイトコンテンツと検索順位結果との関係に関する研究を京都大学と始める、と9月26日発表した。 同社の検索エンジン最適化(SEO)のノウハウと、京大が保有する人間と同様の学習機能をコンピュータで実現する機械学習での分析技術を合わせ、SEOサービスの向上を目指す。 研究は、京大でコンピュータビジョンやパターン認識を研究している飯山将晃准教授と行う。 サイバーエージェントが検索エンジンについてのデータを提供して、機械学習の手法を使った検索エンジンの分析技術を開発する。 共同研究の成果は同社のSEOサービスに実装し、全体最適化やリスク管理 … Continue Reading →


  • 2012/09/27

RTB関連コラム集 その1

コラムはそのままコピペするわけにもいかないため、 最近気になったRTB関連(広い意味で)のコラム記事のリンク集を作りました。 英文のものもありますが、ご了承下さい。 米国ネット広告費、2012年は373億ドルの見込み -eMarketer調べ-(英文) http://www.emarketer.com/Article.aspx?R=1009362 ヨーロッパのディスプレイ広告市場の白書 http://www.exchangewire.com/blog/2012/09/27/whitepaper-outlook-on-european-display-advertising-trends-by-Continue Reading →


  • 2012/09/27

OpenX、東京オフィスを開設、代表取締役にNick Kovac氏

アドテクノロジーを提供する米OpenX Technologies, Inc.は9月19日、東京オフィスを開設することを発表した。代表取締役には、ソフトウエア分野における大手海外企業の日本市場におけるビジネス開発を多く手がけてきたNick Kovac氏が就任する。 OpenXは2010年8月より電通子会社のサイバー・コミュニケーションズとアドエクスチェンジの独占的パートナーシップを締結、広告リクエストは開始当初より600%と急成長を遂げてきた。今年に入ってからは、モバイルとタブレット向けのサポートを開始し、8月にサイバーウィングとモバイル広告向けプライベート・アドエクスチェンジを発表、2012年 … Continue Reading →


  • 2012/09/27

ディスプレイ広告の統合型配信マネジメントプラットフォームである 「Cosmology」提供開始

株式会社コスモロジー(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:益永 哲朗 以下、コスモロジー)は広告主に向けてディスプレイ広告の統合型マネジメントプラットフォーム「Cosmology」を広告主、広告代理店向けに9月より限定数社で提供を開始いたします。 概要 「Cosmology」は、ディスプレイ広告をはじめとした各種SSPやアドネットワークを通して、PC・スマートフォンメディアに配信する、ハイエンドなディスプレイ広告の配信最適化プラットフォームサービスです。「Cosmology」を導入いただくことでディスプレイ広告の効果向上を図ることが可能となります。 特徴1:多彩な配信設定が可能 アグリゲーター … Continue Reading →


  • 2012/09/27

motionBEATのスマートフォン特化型DSP「Bypass」、株式会社サムライファクトリーのSSP「忍者AdMax」と接続

モーションビート株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「motionBEAT」)は、提供するスマートフォン特化型広告配信システムDSP(※1)「Bypass」( http://www.bypass.jp/ja/ )において、株式会社サムライファクトリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏木 謙一、以下「サムライファクトリー」、URL: http://www.samurai-factory.jp/ )の提供するSSP(※2)「忍者AdMax」と接続いたしましたのでお知らせします。 ■SSP「忍者AdMax」とは 主な提携メディアは、アニメ・ゲーム・ … Continue Reading →



Xaxis_Logo_Pos_Vert1-166x198
  • 2012/09/25

XaxisがFacebook Exchange対応のアトリビューション分析ソリューションを発表

先日9/13に正式リリースされたFacebook Exchange(FBX)。 アドエクスチェンジプラットフォームを提供するにあたりフェイスブックが業務提携したDSP業者のひとつであるXaxisが、FBXに対応する包括的な広告購入・分析ソリューションを開始した。これに伴い、Xaxisのクライアントは、フェイスブックのサイト全体に対するアトリビューション情報を得ることができるようになる。 Xaxisによるプレスリリースはこちらから。 http://www.xaxis.com/news/view/xaxis-fbx-release


  • 2012/09/24

motionBEATのスマートフォン特化型DSP「Bypass」株式会社ジーニーのSSP「Geniee SSP」と接続

モーションビート株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「motionBEAT」)は、提供するスマートフォン特化型広告配信システムDSP(※1)「Bypass」(http://www.bypass.jp/ja/ )において、株式会社ジーニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:工藤 智昭、以下「Geniee」、URL: http://geniee.co.jp/ )の提供するSSP(※2)「Geniee」と接続致しましたのでお知らせします。 ■Geniee SSPとの接続により、Bypassの広告効果が更にUP!  2012年4月にサービスを開始したスマー … Continue Reading →


0925

ADPLANワンタグとCRITEOのパフォーマンスディスプレイ広告連携

オプトは、CRITEOのパフォーマンスディスプレイ広告を「ADPLANワンタグ」を利用して導入するための連携サービスの提供を開始した。 CRITEOのパフォーマンスディスプレイ広告とは、広告主のサイトに来訪したユーザーの閲覧情報や行動情報を基に、興味・関心の高い商品を推測し、個別のユーザーに対して商品単位でパーソナライズ化したクリエイティブ広告を自動生成して広告配信するもの。 ADPLANワンタグとは、オプトが提供するeマーケティング支援システム「ADPLAN」シリーズの測定・配信タグ管理システムのこと。 これまで、CRITEOの広告を導入する際には、サイト内の商品詳細ページ等に、商品IDや価 … Continue Reading →