• 2017/03/30

「駅すぱあと」、新たなオーディエンスターゲティング広告を提供開始

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役: 太田 信夫、以下:当社)はiPhone・Androidアプリ「駅すぱあと」において、当社保有のリアル行動データを分析・セグメント化し、ターゲティングを可能にした新たなオーディエンス広告を、2017年4月3日(月)より正式に提供開始します。


  • 2017/03/27

サイバーエージェントの「AIR TRACK」、O2Oマーケティングツール「AIR TRACK Store Visit」を提供開始

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、位置情報を活用した行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」において、ユーザーの来店計測とクーポン利用などのアプリ内行動を組み合わせて測定・分析する「AIR TRACK Store Visit」の提供を開始いたしました。


  • 2017/03/22

東急エージェンシー、中吊り広告とLINE Beaconを組み合わせた広告の実証実験開始

AIRDOが実証実験の第一弾として、TOKYU OOHとLINE Beaconの試験的取り組みに参加し東急東横線・みなとみらい線にて3月20日から北海道航空券プレゼントキャンペーンを展開


  • 2017/02/27

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や 行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオと、株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田健太郎、東証マザーズ上場:証券コード 3917)は、位置情報を活用した行動分析と、それに伴う広告配信分野で機能連携を開始しました。アドテクスタジオが提供する行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」とアイリッジが提供する位置情報連動型プッシュ通知ASP「popinfo」が連携し、ユーザーの位置や行動履歴に基づいた最適な広告配信、プッシュ配信を実現します。


  • 2017/01/25

サイバーエージェント、天候やSNS等と連携したリアルタイム型デジタルサイネージ広告「VISIONIA」を提供開始

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、関連会社の株式会社マイクロアドデジタルサイネージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:穴原誠一郎)と、屋外広告専門の媒体業および企画・立案を手掛ける株式会社ヒットと共に、天候や気温・各種SNSのユーザー投稿などの外部データとの連携を行うことでリアルタイムな情報配信を行うデジタルサイネージ広告「VISIONIA(ビジョニア)」の提供を開始いたしました。


  • 2017/01/20

オプトグループのコネクトム、Googleの第三者配信認定を取得

株式会社コネクトム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久米田 晶亮、以下コネクトム)は、位置情報を活用した動的広告配信サービス「toSTORE ad.(※1)」においてGoogleディスプレイネットワーク(※2)(以下、GDN)に第三者配信することが可能となる認定資格(※3)を取得し配信面を大幅に拡大いたしました。


  • 2016/12/02

サイバーエージェント、位置情報を活用した行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」に「ダイナミッククリエイティブ機能」を追加

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、位置情報を活用した行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」において、ユーザーの位置情報と企業の店舗情報を連動させた広告を配信する「ダイナミッククリエイティブ機能」を追加いたしました。


  • 2016/11/14

サイバーエージェント、位置情報の広告に特化したジオマーケティング部署を新設

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、位置情報の広告活用に特化した専門組織、ジオマーケティング部署を新設するとともに、Googleが提供する「Googleマイビジネス※」の店舗情報を管理するデータフィードマネジメントサービス「Geo Feed(ジオフィード)」の提供を開始いたします。


  • 2016/10/25

博報堂DYMP、ゼンリンデータコムと提携し位置属性データと走行データを活用したカーナビ向けサービスの開発を開始

株式会社ゼンリンデータコム (本社:東京都港区/代表取締役社長:清水辰彦、以下「ゼンリンデータコム」)と株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区/代表取締役社長:大森壽郎、以下「博報堂DYメディアパートナーズ」)は、位置属性データとドライバーの走行データを活用したカーナビシステム向けメディアサービスの共同開発を開始いたします。