このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.5.20

博報堂アイ・スタジオ、広告クリエイティブ発想で 新テクノロジーを広告ビジネス化する組織「広告新商品開発室」を新設

広告新商品開発室

株式会社 博報堂アイ・スタジオ(本社、東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)は、広告クリエイティブ発想で、IoT や新テクノロジーを広告ビジネス化する組織「広告新商品開発室」を新設いたしました。「広告新商品開発室」は、様々なテクノロジーを組み合わせた IoT プラットフォームを構築し、クライアント企業の課題に合わせた「広告クリエイティブ発想」をかけ合せることで、生活者に新しい体験をもたらす「広告新商品」を開発してまいります。

「広告新商品開発室」紹介ページ
テクノロジーの進化によるデバイスの多様化は生活者との接点を広げ、ポータルサイトや SNS など様々な Web サービスのような新しい体験を生活者に提供する「使ってもらえる広告」が求められています。
博報堂アイ・スタジオではこれまでにも、新領域の研究開発を行う Future Create Lab を立ち上げ、広告会社である博報堂とともに「広告クリエイティブ発想」をかけ合せた新しい体験手法を開発し提供してまいりました。
新設した「広告新商品開発室」では、「技術を『広告化』する」ことをステートメントに掲げ、生活者に長く使ってもらえる新しい「広告新商品」を発明し、クライアント企業の課題解決を具現化
する新しい広告の提供にドライブをかけてまいります。
今後、メディア、メーカーの研究開発関係者、大学関係者、スタートアップ企業、自治体などとも連携し、新しく「広告」にできるものを発掘し、「広告化」していくことで、生活者への新しい価値提供を加速させてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加