このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.5.24

マイクロアド、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」を 提供開始

マイクロアド engage

〜コミュニケーション最適化を通じてアプリ運営者による ユーザーエンゲージメントの向上を支援〜

株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡辺健太郎 以下マイクロアド)は、スマートフォンアプリ上での適切なコミュニケーションによりユーザーの離脱を防ぐアプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供を開始したことをお知らせいたします。

 現在、スマートフォンアプリは企業と優良顧客との接点として年々その役割を増していますが、一方で、適切なコミュニケーションを実施できないままユーザーが離れ、高額なアプリ開発費やユーザー獲得費が無駄になってしまう、という問題が発生しています。

 この課題を解決するために提供する「MicroAd ENGAGE」は、ユーザーとのエンゲージメントを強化したいというアプリ運営者のニーズに焦点を当てたコミュニケーションエンジンです。
アプリの会員IDや利用者属性に加え、アプリ利用履歴やカスタムイベントなどの動的な利用コンテクスト情報に基づいた、きめ細かなコミュニケーションの設計とリアルタイムでの実施をスマホアプリ上で行うことが可能です。
また、ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹兼司)が提供する「ニフティクラウドmobile backend」との連携により、プッシュ通知とも連携。これにより、タイムリーな顧客フィードバックの取得や、自然なアプリ復帰への促進が可能となり、アプリユーザーのリテンション率を向上させながら、サービス改善や新しい収益の機会創出を支援します。

マイクロアド engage

 今後は、アプリ内アンケートのターゲティング配信機能の提供だけにとどまらず、様々なコミュニケーションフォーマットを追加し、マイクロアドのDSP「MicroAd BLADE」との連携や外部システムとの連携、海外対応などを順次行うことで、リテール、コマース、ゲームアプリなど、ユーザーエンゲージメント需要の高いエリアを中心に、国内外でのシステム導入を進めてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加