このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.5.30

Viibar、Yahoo! JAPANのデータ分析結果をもとに「データ×クリエイティブ」の動画広告商品を提供

動画マーケティングを支援する株式会社Viibar(読み:ビーバー、本社:東京都品川区、代表取締役:上坂 優太)は、ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)と協力してYahoo! JAPANのデータ分析結果をもとにターゲットに最適化したクリエイティブの動画制作と、Viibarのプランニングによる広告配信、効果検証までをセットにした動画広告商品の販売を本日より開始いたします。尚、Yahoo! JAPANのデータ分析結果をもとにしてクリエイティブを制作する動画マーケティングソリューションは今回初めて実現いたしました。

本商品では、まず、Yahoo! JAPANが同社のマルチビッグデータからクライアントのターゲット層となるオーディエンスの行動・属性情報を分析します。Viibarは、3,000人超のプロのViibar登録クリエイターから、その分析結果をもとにした動画の企画を募集。集まった動画企画の中から、ターゲットに最適化され、クライアントイメージに合致した企画を選定し、動画クリエイティブを制作します。また、希望するクライアントには、Viibarがターゲット層に応じた広告配信をプランニングし、効果検証も行う動画マーケティング支援プランをご提供いたします。

Yahoo! JAPANは、月間総ページビュー約660 億*のアクセスがあり、100種類以上のサービスを提供するなど、国内トップクラスの量と質を誇るデータを保有しています。また、3,000人超が登録する国内最大級の動画クリエイターネットワークを有するViibarには、ベテランから若手ホープ、地方在住のクリエイターまで事前審査により厳選された様々な作風、キャリアのプロフェッショナルなクリエイターが多く登録しており、多様な動画企画のアイディアを募ることが可能です。さらに、すでにYahoo! DMP導入済みのクライアントについては、自社で保有する顧客情報に、鮮度の高いYahoo! JAPANのデータを掛け合わせることで、より深いデータからターゲットインサイトを見出すことが可能となります。本商品は両社の強みを組み合わせることで、より精度の高い、データを生かしたクリエイティブの動画を制作し、クライアントの動画マーケティングを支援します。尚、当社は本取り組みに関し、今後1年で40社の導入を目指します。

今後も両社の連携を強化することにより、効果の高い動画広告を制作し、クライアントの動画マーケティングにおける課題解決を支援するとともに、動画広告市場全体の拡大及び活性化に尽力してまいります。

*2016年1—3月における平均月間ページビュー数「ヤフー株式会社2015年度第4四半期決算説明会資料」より


  • このエントリーをはてなブックマークに追加