このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.5.31

ビデオリサーチ、ターゲティング広告に新たな価値を加える「SiteGraphics」提供開始

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:秋山創一、以下ビデオリサーチ)は、ターゲティング広告配信の課題解決につながる『SiteGraphics(サイトグラフィックス)』を新たに開発し、6月より当社サービスとして提供を開始いたします。

<サービス概要>
近年、インターネット広告の分野では、ターゲットセグメントのボリューム確保が課題になっています。広告主の広告出稿条件が年々厳しくなる中、その条件を満たすユーザー数は必然的に絞られるため、十分な広告量を投下することが難しい場合もあります。
そこでビデオリサーチでは、当グループの保有している調査データを活用し、インターネットユーザーへ推定プロフィールを付与することで、効率的な認知獲得、知名度向上のためのセグメントボリュームを確保するべく、この度『SiteGraphics(サイトグラフィックス)』を開発し、DSPによる広告配信での利用を目的とした導入も予定しております。

<サービス特徴>
SiteGraphicsは、お客様がDMPなどで管理しているインターネットユーザーに推定プロフィールを付与するサービスです。ユーザーの行動データとビデオリサーチグループの調査データをベースに、機械学習技術を用いてプロフィールを推定します。
その結果、行動データのみに基づくセグメントと比較して、より多くのセグメントボリュームを確保できます。また、ターゲットを絞らずに配信する場合よりも、興味関心の高いユーザーに到達することが期待できるので、見込み層を捉え、効率的な認知獲得、知名度向上に活用できます。

1.調査データに含まれるデモグラフィック、興味関心商品、メディア利用状況など、多様なプロフィールが
  付与されます。
2.ターゲットの条件が細かい広告配信においても、十分な配信対象ユーザーを確保できます。
3.クリック率などの行動指標と、広告認知などの態度変容指標において、各々十分な効果が期待できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加