このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.6.16

ファンコミュニケーションズの「nend」、 Google AMPに対応した広告配信タグの提供を開始

インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)が運営する、国内最大級のスマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」< http://nend.net/ >は、2016年6月15日より、AMP(Accelerated Mobile Pages)に対応した広告配信タグをリリースいたしました。

AMPはGoogleとTwitterが共同で推し進めてきた「モバイルページ高速化プロジェクト」で、AMPの仕様に従って構成されたWebページを作成しGoogleやTwitterにキャッシュされることで、ページの表示速度を高速化させユーザー体験を劇的に向上させることができます。2016年2月よりGoogle検索結果にも導入されたことから、Webサイトの間でAMPに対応したモバイルページの作成が進んでおりました。
nendでは国内最大規模でご登録いただいている30万以上のWebサイトに対して、AMPに対応した広告配信タグの提供が可能となります。
今後もメディアパートナー様がより広告収入を得られるようなサービス、機能の展開を積極的に進めてまいります。

スマートフォン・アドネットワーク「nend」について

 「nend」はスマートフォンユーザーが訪れるサイトやアプリ内に、親和性の高い広告を自動的に配信するサービスです。掲載メディアはSDK組み込みまたはJavaScriptタグ設置により導入することができます。

株式会社ファンコミュニケーションズについて

ファンコミュニケーションズ< http://www.fancs.com/ >は、日本最大の成功報酬型アドネットワーク企業グループです。アフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」< https://www.a8.net/ >・「Moba8.net(モバハチネット)」< https://moba8.net/ >や、スマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」< http://nend.net/ >などを運営し、費用対効果に優れた「効果の見える」広告プロモーションを企画・提案しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加