このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.8.12

電通、セールスフォース・ドットコムらと共同で対面型営業活動のデジタルでの支援サービスを開始

デジタルトランスフォーメーション支援サービスの概念図

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、株式会社セールスフォース・ドットコム、株式会社インティメート・マージャー、株式会社wizpraの3社と共同で、企業の対面型営業活動を高度化するデジタルトランスフォーメーション支援サービスを開発し、本日よりサービス提供を開始します。

 企業のデジタルシフトの進展により各顧客接点におけるデータ共有と施策連携が進む中、依然として対面型営業活動におけるデジタル化は遅れている状況にあります。また、顧客自身のデジタルシフトにより営業スタッフ以外からの情報収集が容易になったことや、顧客が所属する企業や住まいのセキュリティー対策などにより、営業スタッフが顧客と対面できる時間や接点は激減しています。このことは電通が独自に行った企業向けヒアリング調査においても明らかになっており、BtoB、BtoCを問わず、顧客ニーズの把握が困難になったことを重要課題に挙げる企業は多数に上ります。

 こうした状況を踏まえ、この度4社は、企業の対面型営業活動における「課題の発見」「課題の解決」「効果の検証」をワンストップで提供できるサービスを開発いたしました。
このサービスにより、これまで企業の営業スタッフが抱えてきた顧客接点の減少という課題に対し、非対面データによる顧客理解を導入することで、営業効率の改善や成約率の向上を実現できます。

 サービスフローとしては、①電通とwizpraで開発した独自調査手法を用いて、企業の対面型営業活動を11のプロセスに分解、各プロセスを顧客体験スコア※1として定量評価し、課題を抽出します。②また、Salesforceを中心とした営業業務管理システム(SFA:Sales Force Automation)※2上で、営業活動や営業実績などのデータを紐付けると、より精緻な課題抽出が可能になります。③そして、抽出された課題の解決に向けては、Salesforceの「Salesforce Marketing Cloud」「Salesforce Sales Cloud」、インティメート・マージャーが保有する約4億件のオーディエンスデータ※3、および電通独自の統合マーティングプラットフォーム「Dentsu.io」※4上で機能するパブリックDMP「dPublic」を連携させます。非対面の自社サイトの閲覧データと外部の閲覧データを組み合わせてクラスタリング分析を行うことで、より深化した顧客ニーズの把握を可能にします。④電通の営業業務コンサルタントが、抽出された課題や顧客ニーズに対応した各種施策の提案とその実施支援を行います。⑤さらに、課題解決策として提案・実施した施策効果を営業事務所や営業スタッフごとに定点モニタリングできるサービスをクラウド上で提供し、営業活動の高度化に向けたPDCAサイクルの構築も行います。
 
 今後も4社は、企業が抱える多様な課題をデジタルトランスフォーメーションで支援するサービス開発を共同で行ってまいります。
           


※1 顧客ロイヤルティー(企業やブランドに対する愛着・信頼の度合)を数値化し指標化します。
※2 Sales Force Automationの略で、企業の営業活動を支援し営業プロセス全体の効率化を図る手法、またはそれを実現するツールの総称。
※3 株式会社インティメート・マージャーが規定するプライバシーポリシーに準拠します。
※4 事業成長のためのマーケティングプロセスをワンストップで実現する統合マーケティングプラットフォームです。顧客企業、当社、アライアンスパートナーのデータを統合し、データアナリティクスによる事業支援、ダッシュボードでのレポーティング、デジタル施策、マス/オフライン施策をサポートします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加