このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.8.18

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、インティメート・マージャーのDMPとの連携を開始

国内専業最大手のDMPと接続し、人工知能を活かした効果の高い広告配信を実現

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:地引 剛史)は、この度、DSP(*1)『Logicad』において、株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区 代表取締役社長 簗島 亮次、以下インティメート・マージャー、略称IM)のDMP(*2)との接続による連携を開始いたしました。

インティメート・マージャーのDMPは、国内最大級を誇る約4億のオーディエンスデータを保有するほか、高度なデータ分析システムによる5,000を超える性別や年齢などのデモグラフィックな情報や、興味関心などのサイコグラフィックな情報で分類されたオーディエンスセグメントを提供しています。

今回の連携により広告出稿企業(広告主、広告代理店)は、インティメート・マージャーが提供するオーディエンスセグメントを活用し、『Logicad』が接続する月間約1,500億のインプレッション(広告表示)の広告在庫に対し配信が可能になります。また約3億UB(ユニークブラウザ)のデータを高速解析するリアルタイムビックデータ処理技術や、人工知能「VALIS‐Engine」を活かした配信により、さらなる広告効果の向上が期待できます。

【参考】『Logicad』とインティメート・マージャーDMPとの連携イメージ

『Logicad』とインティメート・マージャーDMPとの連携イメージ

当社では、「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、マーケティングテクノロジーに関する様々なサービスや機能と連携し、強化してまいります。


*1 DSP(Demand Side Platform)
広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム


*2 DMP(Data Management Platform)
WEB上に蓄積されているあらゆるユーザーデータを統合的に管理するためのプラットフォーム


  • このエントリーをはてなブックマークに追加