このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.8.31

インフォマティカとトレジャーデータ、 「Informatica Cloud」と「TREASURE DMP」を連携

インフォマティカ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 浩生、以下 インフォマティカ)とトレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋 秀行、以下 トレジャーデータ)は、インフォマティカのクラウドデータ統合ソリューション「Informatica Cloud」とトレジャーデータのクラウド型データマネージメントプラットフォーム(DMP)「TREASURE DMP」が連携すると発表いたしました。

クラウド型のデータマネージメントプラットフォーム(DMP)である「TREASURE DMP*」は、複雑化したデータを管理しコーディングすることなく短期間で活用を実現するクラウド統合スイート「Informatica Cloud」との連携により、様々なプラットフォームに対して容易にデータ連携を実現することが可能となります。「Informatica Cloud」は、「Salesforce(セールスフォース) Wave(ウェイブ) Analytics(アナリティクス)」、さらに「Salesforce Sales Cloud」、「Salesforce Service Cloud」、 「Salesforce Marketing Cloud」とも連携していることから、企業における営業・マーケティング関連のデータを、様々なデバイスで容易に有効活用でき顧客とのエンゲージメントの強化が出来るようになります。


*1 Informatica Cloudについて
Informatica Cloudは、クラウドベースのシステムと社内システムにあるSaaSアプリケーション間に散在するビジネスデータを統合するソリューションです。これにより、データの精度、完全性、鮮度を維持し、時間や場所を問わず、必要なデータにシームレスにアクセスできるようになり、クラウドコンピューティングのROIを最大化できるよう支援します。Informatica Cloudは、リーディングクラウドプラットフォームとNo1 CRM ソリューションのSalesforceや、Amazon Web Services (AWS)やMicrosoft Azureといった主要なPaaS (Platform as a Service)ともネイティブ接続します。Informatica Cloudに関する詳細は、こちらにてご覧いただけます。リンク


*2 TREASURE DMPについて
 トレジャーデータが提供するプライベートDMPソリューション 「TREASURE DMP」 は、同社が提供してきたクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を基盤に、データの収集・分析から施策の実行に至るまでをワンストップで実現するソリューションです。「TREASURE DMP」は、様々なチャネルにおける利用者の行動に関わるログデータを容易に収集できるほか、収集したデータを元に、各種のマーケティングツールやサービスと連携して、マーケティング施策を実行することが可能になります。さらに、統計データや天気などの誰もが使う一般的なサードパーティのデータをあらかじめ用意しておくことで、それらのデータを簡単に自社データと統合して分析することができるようになります。

インフォマティカ・ジャパン株式会社について

データが世界のビジネスを動かす今日、インフォマティカはお客様がデータから最大限の価値を引き出すことができるよう全力で取り組んでいます。企業には、クラウド、ビッグデータ、リアルタイム、ストリーミングなど様々なデータに対応できるビジネスソリューションが求められています。インフォマティカは、世界No.1のデータ統合ソリューションプロバイダーとして、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド環境に向けたソリューションを提供しており、世界7,000社以上の企業がインフォマティカのデータソリューションを活用してビジネスを革新しています。

トレジャーデータ株式会社について

 2011年12月、米国シリコンバレーに設立された米国トレジャーデータ社は、ビッグデータのプラットフォームの提供を専門としています。大容量の購買取引データやWeb閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータ等、様々な非構造化データに対応して、ビッグデータを一定の月額課金で収集・保管・分析するクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を提供しています。さらに、センサーデータやマシンデータ等、IoT分野におけるビッグデータへの対応も強化しています。日本では、2012年11月に国内の事業開発および技術開発の拠点としてトレジャーデータ株式会社を設立、また、2015年1月にソウル支社を開設、アジア太平洋市場における本格的な事業展開を開始しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加