このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.9.6

アクティブコア、AI活用による個々のユーザーに合わせた「メール配信時間の最適化」を開始

データ分析・アクションで経営を支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田賢治、以下 アクティブコア)は、マーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」(アクティブコア マーケティングクラウド)」のメール配信機能に、新たに機械学習を活用した「メール配信時間の最適化」を実現する機能を追加しました。

本機能はメール開封時刻や商品購入時刻といった、これまで蓄積されてきたデータを基に、顧客毎に最も好ましいとされる時刻にメールを自動送信することができるため、今まで以上に精度を高めたメール配信が実現可能となりました。

「activecore marketing cloud」では、顧客行動データの収集・分析から、パーソナライズされた一人ひとりへのアプローチまでを同一プラットフォーム上で実現しています。これまでもマーケティングシナリオのビジュアル化された設計画面や、精緻なターゲットの抽出から連動したメール配信に至る過程を同一システム上で実現してきました。

今回の新機能では、分析結果や経験値を基に、これまでマーケティング担当者自身が設定していたメール配信時間において、機械学習/AI技術を利用することで、個の傾向にあわせたメール配信時刻の設定を「最適化ボタン」を押すだけで実現できます。

「メールをいつ開封するのか、メール内のリンクをいつクリックするのか、或いはいつ購入することが多いのか」といったデータは、すべて「activecore marketing cloud」のプライベートDMPに蓄積されています。そこで機械学習/AI技術により、「どの時刻やタイミングで、クリックや開封、購入といった「アクション」をとる傾向があるか」が分析され、抽出された顧客一人ひとりにあわせて1時間単位で最適化し、メールが配信されていきます。

●機械学習によるメール配信時間の最適化イメージ
アクティブコア

開封されやすい時間にメールを配信することで、メールが埋もれる確率を減らし、より高い開封率、さらにはCV(コンバージョン)率を目指すことが可能です。

また本機能では、メールの配信結果をフィードバックしデータを積み重ねることで、さらなる学習を行い精度が上がっていきます。結果として、メール配信経験を重ねれば重ねるほど、より最適化された精緻なメール配信に近づくことができます。

またメールの自動配信後には、マーケティング担当者が配信レポートを確認することができるので、実際にどの時間帯に何名の配信があったかの詳細を知ることができます。 これまで自動で行うことが難しかった、個の傾向にあわせた最適な時間指定が、機械学習/AIにより簡潔かつ高精度で実現できるため、担当者の手を煩わせることなく、メール配信が効率的かつきめ細やかなものになり、実質的な成果へとつながります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加