このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.10.4

サイバーエージェント、インフィード広告に特化した運用プラットフォーム「iXam Drive」に新機能「Ad Optimizer」を追加

Ad Optimizer

大量のクリエイティブを自動精査し、インフィード広告の効果最大化に貢献

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、インフィード広告(※1)に特化した運用プラットフォーム「iXam Drive(イグザム ドライブ)」において、大量のクリエイティブを速やかに自動精査する新機能「Ad Optimizer(アドオプティマイザー)」を追加いたしました。

インフィード広告は、在庫数が多く視認性が高い広告のため、フリークエンシーの過多により広告効果が減衰する傾向があります。そのため、クリエイティブの質や量、きめ細やかな運用が重要となっており、バリエーション豊かな大量のクリエイティブを制作し、広告効果に応じて迅速に精査・運用することが必要となっています。

このたび提供を開始した新機能「Ad Optimizer」は、インフィード広告にて、目標となる指標と配信実績を対照し、効果に応じて速やかに大量のクリエイティブを自動精査することができます。

当社ではこれまでにも、インターネット広告総合運用プラットフォーム「iXam(イグザム)」やインフィード広告に対応した自動入札ツール「WABI SABI’d(ワビサビ)」「KURO OBI’d」(クロオビ)」、インフィード広告に特化したクリエイティブ運用プラットフォーム「iXam Creative Lab.」などの運用システムを開発しております。これらのサービスに加え新たに「Ad Optimizer」」を活用することで、インフィード広告の効果最大化に貢献いたします。

※1 インフィード広告とは、Web サイトやアプリ(画面の上から下に読み進めていくデザイン)のコンテンツとコンテンツの間に表示される体裁の広告のことです。「インフィード広告」は、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会 JIAA(Japan InteractiveAdvertising Association)が定めたガイドライン「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン」ならびに「ネイティブ広告に関する推奨規定」に準拠し、適切な情報提供を行う広告を指します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加