このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.10.6

Google、モバイルファースト対応に向けてAdWords Editorをアップデート

Googleは、モバイルファースト対応に向けて、また近づくホリデーシーズンを前にAdWords Editorの最新バージョン(11.6)を発表した。主なアップデート内容は、Universal app campaigns(UAC)への対応や、Gamil広告への対応などである。

AdWords Editorの主なアップデート内容

・Universal app campaignsへ対応 ー Gooogle play、検索広告、GDN、YoutubeなどGoogleのあらゆる広告プレースメントに横断配信できるUACへAdWords Editorが対応をした。

・Gmail広告テンプレートへ対応 ー 全世界に10億ユーザー以上が使用しているGmailを利用したGmail広告を行うための様々なテンプレートへの対応も行った。

・拡張テキスト広告へ対応 ー 先日発表された新たなテキスト広告である拡張テキスト広告のフォーマットにも対応を行う。

・レスポンシブ広告へ対応 ー GDNで配信されるクリエイティブが配信先の画面サイズに応じてサイズ変更されるレスポンシブ広告へも対応をする。

ほかにもいくつかのアップデートが盛り込まれており公式ブログにて確認することができる。


当サイトは有志で運営されています。継続的な運営のため、気に入りましたらご支援お願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加