このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.10.13

トーチライト、Facebook Marketing Partnerにおいて新たに6部門の認定を獲得

認定部門数で国内最大8部門、うち4部門は国内初のパートナーに

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田雅也、以下 DAC)の連結子会社である、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、 代表取締役CEO:矢吹岳史、以下 トーチライト)は、米国Facebook社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Zuckerberg、以下 Facebook社)より、これまでに認定された「Consumer Packaged Goods(消費財メーカー)」および「Automotive(自動車)」部門に加え(※1)、以下の各部門のパートナー企業としても新たに認定されましたのでお知らせいたします。

 これによりトーチライトは国内アドテクノロジーパートナーとして最大数の8部門にまたがるパートナーとなり、さらに広い領域でのお客様のソーシャルメディアマーケティングの各種ご要望に対応できることとなりました。

<今回認定された6部門>
【国内パートナー初】 ・Retail / リテール
【国内パートナー初】 ・Entertainment / エンターテイメント
【国内パートナー初】 ・Telecommunications / テレコミュニケーション
【国内パートナー初】 ・Professional Services / プロフェッショナルサービス
           ・eCommerce / Eコマース
           ・Technology / テクノロジー
(※1)2015年10月1日プレスリリース 「トーチライト、Facebook社より「Facebook Marketing Partners」に認定」

http://www.dac.co.jp/press/2015/20151001-sherpa-facebook

Facebook Marketing Partnersとは

 「Facebook Marketing Partners」は、Facebookにおけるマーケティングで強みを持つ企業に対し、Facebook社が認定を行うパートナープログラムです。専門的な部門(※2)に分かれ、それぞれの部門において革新的、先進的な技術でマーケティング効果を実証した企業がパートナーとして選出され、Facebook社よりその部門に応じた認定バッジが授与されます。「Facebook Marketing Partners」に認定された企業は、パートナーセンター( https://facebookmarketingpartners.com/ )を通じて世界各国の企業とビジネスを展開することが可能となります。

(※2)「Ad Technology」、「Audience Data Providers」、「Audience Onboarding」、「Community Management」、「Content Marketing」、「Facebook Exchange (FBX)」、「Measurement」、「Media Buying」、「Small Business Solutions」の9部門

 DACとトーチライトは、2011年よりFacebook上での企業活動に対しさまざまな側面から支援を開始し、2014年にはFacebook広告APIパートナーとして、広告運用ツール「Sherpa(シェルパ)」を開発いたしました。これまでに延べ1,000社以上の広告キャンペーンの運用管理やパフォーマンス最適化を支援しております。
 両社は、今後もFacebook広告運用事業の強化を図り、企業のソーシャルメディアマーケティングを支援してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加