このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.11.18

Facebook、広告指標とレポーティング向上に関する新たな取り組みを発表

Facebookは11月16日(米国時間)、広告指標とレポーティング向上に関するアップデートと新たな取り組みを発表しました。先般の動画広告に関する指標の一部に誤りがあったことを受け、今後より信頼性・透明性の高い広告指標とレポーティングを確立し、提供していくのが目的です。

Facebookは何百万もの広告主そしてパートナーにとって、ビジネスを拡大させるために広告指標がいかに重要であるかを認識しており、今後も継続的に広告指標とレポーティングの向上に注力していきます。

 

今回発表する3つの取り組みは以下のとおりです。

 

l   第三者機関による検証の推進

これまでも第三者機関であるニールセン、コムスコア、Moatといったグローバルパートナーと提携し、広告指標の検証を⾏っていましたが、今後さらにパートナーを拡⼤し、検証項⽬の幅も広げていきます。

 

l   広告主・代理店の要望を取り⼊れたメジャメントソリューションの開発

メジャメント業界のリーディングプレイヤー、広告主、代理店によって構成されたメジャメント協議会(measurement council)を⽴ち上げ、広告主や代理店の要望をレポーティング関連ソリューションの開発へと活かす取り組みを推進します。

 

l   広告指標について定期的な情報発信を行う「Metrics FYI」ブログの立ち上げ

これまで以上に定期的な情報発信を⾏うことで、早いペースで進化を続けるFacebook広告商品の効果の透明性を⾼めていきます。Metrics FYIブログの最初の投稿の概要は以下のとおりです。

  • Ø  レポーティングツールの改善・指標名の⾒直し

より透明性が⾼く、理解しやすいレポーティングを実現すべく、アップデートを⾏いました。指標の定義に加え、利⽤⽅法、計算⽅法などに関する情報が追加されます。また、広告指標名の⾒直しと広告ソリューションの進化・多様化に伴い、定義が古くなった指標や、利⽤頻度が極めて低いと判断された指標については廃⽌を含む見直しを行います。

  • Ø  指標の改修

広告指標とレポーティングの⾒直し作業を通じて、動画指標やページインサイトなど、5つの指標を今後数週間以内に改修する予定です。いずれも課⾦・請求に係るものではありませんが、指標の透明性を担保する重要性を認識し、このタイミングにて報告いたします。

それぞれの詳細につきましてはMetrics FYIブログ(英語)を参照ください。

 

Facebookは今後も、信頼性・透明性の高い広告指標とレポーティングの確⽴に向けて継続的に取り組み、投資していきます。

Tags:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加