このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.12.22

DACのDMP「AudienceOne®」、トレジャーデータの「TREASURE DMP」とデータ連携を開始

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田雅也、以下 DAC)とトレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋秀行、以下 トレジャーデータ) は、DACのDMP「AudienceOne®」とトレジャーデータのプライベートDMPソリューション「TREASURE DMP」とをデータ連携し、大量のオーディエンスデータを活用した分析および広告施策の推進を強化します。
 また、DACは、トレジャーデータの正規販売代理店として「TREASURE DMP」のエンドユーザーへの提供も開始します。
DAC DMP

本連携について

 昨今、企業のマーケティング活動においては、ユーザーの属性や趣味嗜好データ、Webサイトやソーシャルメディア上でのオンライン行動データ、POSデータやCRMデータといったオフラインデータなど、多岐に渡るデータを扱っており、そのデータ量は莫大なものとなっています。しかし、自社で保有しているデータだけでは、ユーザーセグメントを詳細に分けることが困難であり、外部データを活用してユーザーの属性情報や趣味嗜好などを可視化し、広告配信に活用したいというニーズが高まっています。

 トレジャーデータは、大容量の時系列データを収集・保管・集計し、他のマーケティング系ツールと連携できるクラウド型プライベートDMP「TREASURE DMP」を提供しています。導入企業では、Webやアプリ、CRMなど社内のさまざまなチャネルにおける利用者の行動に関わるログデータを容易に収集できるほか、収集したデータをもとに、各種のマーケティングツールやサービスと連携して、マーケティング施策を実行することが可能です。
 DACが開発し提供しているDMP「AudienceOne®」は、オンライン上の行動データをもとにした約1,000種類のオーディエンスプロファイルデータ、国内最大級の月間4.5億ユニークブラウザを超える3rd Partyデータを保有しています。また、国立情報科学研究所との共同研究による独自のオーディエンス拡張ロジックを構築しています。

 本連携により、広告主ならびに媒体社は、「TREASURE DMP」に蓄積された自社サイト訪問者や顧客データと、「AudienceOne®」が独自で保有している4.5億ユニークブラウザを超えるオーディエンスデータを掛け合わせ、より細やかにユーザー像を可視化することができます。また、「クロスデバイス推定マッチ(※1)」を用いて複数デバイスを利用するユーザーの分断されたデータを統合させ、デバイスをまたいだユーザー行動の可視化やターゲティング広告配信を実現します。

今後の展開

 DACは、「TREASURE DMP」の正規販売代理店として認定を受けており、DMPを活用したソリューションの導入・運用サポートを行っています。その知見とノウハウを活かし、本連携においても、サービスを導入・運用する上で必要となる知識や体制のサポートを行います。
 今後も、「AudienceOne®」が連携しているMarketOne®等のDSP、Sherpa、DialogOneをはじめとした各種配信ソリューション、各種メディアのコンテンツ最適化ツール、マーケティングオートメーション等との連携を拡充します。またそれらのソリューションを通じて、潜在顧客とのタッチポイントを創出し、広告主・広告会社ならびに媒体社のサイト運営・広告運用効率の向上に貢献するマーケティングソリューションを提供してまいります。

(※1)
参考:2016年3月24日「DAC、特許技術を活用したデータ解析による新たなクロスデバイスサービスを提供」

http://www.dac.co.jp/press/2016/20160324_cross_device


  • このエントリーをはてなブックマークに追加