このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2016.12.26

DACとテンセント、広告ソリューションの販売で協業

テンセントプラットフォームの広告販売を日本国内で運用し、インバウンドビジネスの支援強化

このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田雅也、以下 DAC)とテンセントのインターナショナル・ビジネス・グループ(以下 テンセントIBG)は、広告サービス販売における協業を開始いたしました。
 両社は、近年急増している訪日中国人観光客の需要取り込みや、今後拡大が予測されている越境ECのビジネス機会獲得を目指す日本企業に向けたサポートを強化します。

概要

 DACでは、インバウンドビジネスを対象としたグループ連携ソリューション「いらっしゃいませ JAPAN!®」(※1)を展開し、北京DACをはじめとしたグループ全体で、各種メディア商品やアカウント運用のサポート、テクノロジー、データなどのサービスを掛け合わせた包括的なソリューションを提供しています。
 テンセントは、8億4600万の月間アクティブユーザーを持つ「Weixin/WeChat」や、6億4700万の月間アクティブユーザーを持つ「QQ Mobile」、5億8300万の月間アクティブユーザーを持つソーシャルネットワークサイト「Qzone Mobile」などのメディアを保有する中国最大のインターネット企業です。
 今回、両社は広告販売代理店契約を締結し、テンセントIBGが保有する各種媒体に対しDACが日本国内から運用サポートを行うことで、中国のSNSユーザーにリーチすることが可能になります。また、さまざまな属性や興味・関心に基づくターゲティング配信において、従来DACが提供しているセグメントに加え、テンセントIBGが日本市場に向けて提供するデータをもとにした「訪日経験のあるユーザー」「訪日旅行に関心のあるユーザー」「越境EC経験のあるユーザー」等の新たな独自セグメントに対しても配信が可能となり、さらなるサービス強化を図ります。

テンセント広告商品について

 テンセントは、同社のカスタマイズされた広告ソリューションを通じて中国で強固なエコシステムを構築し、消費意欲が強い中国人消費者へのリーチを日本企業に提供しています。「WeChat公式アカウントバナー広告」による外部URLへの誘導や、「WeChatモーメンツ広告」と呼ばれるネイティブでソーシャルなフィード広告、「モバイルQzoneフレンドニュースフィード広告」といったフレンドの投稿記事と同じフォーマットで表示される、画像または動画広告があります。

DACとテンセント

今後の展開について

 両社はインバウンドビジネス向けのサービスを日本企業に共同で提供していくとともに、テンセントIBGの広告ソリューションとDACグループのテクノロジーを組み合わせた新たな商品開発などの協業を進めます。
 DACグループは今後も、インバウンドビジネス支援を通じた企業の事業価値の向上、訪日外国人とのエンゲージメント創出に取り組んでまいります。

(※1) 2016年7月19日リリース『インバウンドビジネスに対応する総合デジタルマーケティングソリューション「いらっしゃいませJAPAN!™」を提供開始』http://www.dac.co.jp/press/2016/20160719_inbound


  • このエントリーをはてなブックマークに追加