このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.3.9

博報堂グループと日本マイクロソフト、顔の特徴や感情に合わせたターゲティング広告配信システムを開発

博報堂とマイクロソフト

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一、以下 博報堂)の自主開発型クリエイティブ・ラボ「スダラボ」と株式会社博報堂アイ・スタジオ(東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)のビジネス開発組織「広告新商品開発室」および日本マイクロソフト株式会社(東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は連携して、顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出しわけるアウトドアメディア&ターゲティング広告配信システム「Face Targeting AD(フェイスターゲティング・アド)」を博報堂のスダラボの第6弾プロトタイプとして開発しましたのでお知らせいたします。

従来のアウトドアメディアは、送り手側が用意した広告を、その広告の前にいる人が誰であっても一様に同じ表示をしてきました。「Face Targeting AD」は、駅や街中に設置された鏡型のアウトドアメディア(デジタルサイネージ)が、鏡の前に立った人の年齢や性別はもとより、顔の特徴(メガネをかけているかどうか、ヒゲがあるかどうかなど)や表情を読み取り、クラウド上のマイクロソフトのAIがその人のその時の気分や健康状態を分析、その状態に最適な商品やサービスの広告を提示します。例えば、疲れているときに栄養ドリンクを画面の中に提示したり、悲しそうにしている表情ならば思い切り泣ける感動的な映画の動画広告を表示したり、その人にぴったりの商品やサービスの広告を「2WAY=インタラクティブ」に出しわけます。

また、動画/静止画広告の表示のみならず、鏡の中に映った顔をバーチャルに変化させることで、メガネをかけたり、泣き出したり、シワがふえたりするような、鏡の特性を活かした演出が可能です。

博報堂のスダラボは「Face Targeting AD」のコンセプトおよび、演出を含めたクリエイティブ全般を担当、博報堂アイ・スタジオの広告新商品開発室は顔認証の技術開発および特徴別の広告配信システムの開発/鏡型アウトドアメディアの設計を担当、日本マイクロソフトはクラウドプラットフォームサービスMicrosoft Azure上のAIサービス「Microsoft Cognitive Services」の実装などの技術開発サポートによって「Face Targeting AD」のプロトタイプが実現しました。

日本マイクロソフトは、最新テクノロジーの活用によるお客様のビジネス変革「デジタルトランスフォーメーション」を推進しており、今回のプロトタイプ開発では、博報堂の新たな広告配信システムの構築と、システム利用者のカスタマーエンゲージメントの向上を支援しています。

なお「Face Targeting AD」は、3月12日よりアメリカ・テキサスで開催されるテクノロジー・スタートアップのイベント、「サウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)2017」のトレードショーにおいて、博報堂ブースで体験展示される予定です。

博報堂とマイクロソフト

今後飛躍的に成長が予測される、様々な商用ミラーへ導入することで広告配信の未来を拡張していきます。また、新たなアウトドアメディア「体感型スクリーン」としての価値化にもチャレンジしてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加