このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.3.9

マルケト、BtoBマーケティングを牽引する10社以上と協業

エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーである株式会社マルケト(本社:東京都港区、代表取締役社長 福田康隆 以降、マルケト)は、日本のBtoB企業向けにマーケティングの成果を最大化させるため、10社以上のパートナーと協業し、『Marketo Account-Based Marketing』(以降、Marketo ABM)を本格提供いたします。

『Marketo ABM』は、以下のパートナー様と協業し、日本企業のBtoBマーケティングの成功に不可欠な機能を統合した初のサービスです。本協業を第一弾として、今後ますます、日本のBtoBマーケティングで成果を上げるためのパートナーシップを拡大していく予定です。

この協業により、『Marketo ABM』は、日本企業のデータベースを元にターゲット企業を抽出し、顧客データを整理し、顧客企業の分析・予測が可能になります。『Marketo ABM』導入をきっかけに、営業部門とマーケティング部門が連携し、重点顧客を特定、管理、分析し、企業と顧客のエンゲージメントを図るためパーソナライズしたコミュニケーションを図ることができます。

『Marketo ABM』を活用いただくことで、重点顧客からの収益の最大化を目指します。

今回の協業は、テクノロジーパートナー、サービスパートナー皆様のご協力により実現いたしました。私たちマルケトは、お客様、パートナー様と構築する、強力でオープンなエコシステム 『MARKETING NATION』を通じ、お客様とパートナー様双方の成功、ビジネス成長の加速を支援します。

■協業パートナー一例

マルケト 協業

Sansan株式会社、サイバーエリアリサーチ株式会社、株式会社サンブリッジ、シンフォニーマーケティング株式会社、株式会社電通デジタル、株式会社東京商工リサーチ、富士通株式会社、株式会社ユーザベース、マーケットワン・ジャパン、株式会社ランドスケイプなど

『Marketo ABM』の特徴

マーケティングと営業が連携し、「ターゲット」→「エンゲージメント」→「効果の可視化・分析」の3ステップを確実に回します。

  • 重点顧客にターゲットを絞る:問い合わせ・商談・購買・ポテンシャルなどあらゆる顧客データと連携し、アカウントスコアリングを活用し、顧客の中から適切な顧客を絞り込む
  • Eメール、Web、イベント、ソーシャル、モバイルなど、複数のチャネルにおいて、重要顧客の担当者や意思決定者とエンゲージメントを構築:マルケトのオーディエンスハブで取得した詳細な顧客行動情報を生かして、適切なタイミングで、高度にパーソナライズされたメッセージを提供
  • 効果の可視化・分析:マルチチャネルでのエンゲージメントレベル、パイプライン、収益などの主要指標にわたってABM活動の影響を測定し、その成果を最適化できるよう支援
  • Marketo ABMの機能を拡張:日本企業の顧客データの充実やB2Bマーケティング戦略立案など、マルケトのLaunchPoint®エコシステムパートナーから提供される補完的ソリューションを活用

マルケト(Marketo)について

マルケトは、獲得からアドボカシーに至るまで、マーケターと顧客との長期的な関係の発展を支援するよう設計された先進的なエンゲージメントマーケティングソフトウェアとソリューションを提供しています。マルケトはマーケターのためにマーケターによって設立され、マーケティングテクノロジーにイノベーション検討課題を設定しています。マルケトは経営理念をMarketing Firstに置いています。カリフォルニア州サンマテオの本社を始め、世界中にオフィスを設け、戦略的パートナーとして、多岐に渡る業界の大企業や急成長している中小企業を支援しています。Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォーム、パートナーエコシステムのLaunchPoint®、巨大なコミュニティMarketo Marketing Nation®の詳細についてはこちらをご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加