このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.3.10

はてな、ネイティブ広告にUGCを活用する「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」の販売開始

株式会社はてな(代表取締役社長:栗栖義臣/本社所在地:京都市中京区)は、UGC(User Generated Contents:インターネットを利用してユーザーが投稿したコンテンツ)とネイティブ広告を組み合わせた新しい広告商品「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」の販売を本日2017年3月9日より開始します。「はてなブログ」に投稿されたユーザーのブログ記事と「はてなブックマーク」のネイティブ広告を活用し、企業のコンテンツマーケティングを支援します。

「はてなブログ」を使ったユーザー参加型の投稿キャンペーンには以下のような特徴があります。

企業からの紹介とは異なる、ユーザーによるリアルな感想や熱量の高い声を集めることができる
自動的に掲載される宣伝素材(任意の予告編や画像)により、記事を通じた商材(作品)のPRが可能
ブログユーザーによる良質な記事コンテンツの投稿を活性化できる
これらの特徴は、コンテンツマーケティングに取り組む企業の「コンテンツの制作ノウハウがない」「コンテンツ制作の手間や費用が捻出できない」という課題にユーザーの力を借りることで対応できると考えています。

また、「はてなブックマーク」のネイティブ広告枠からキャンペーンを通じて投稿されたブログ記事に誘導することで、「インターネットで話題の記事」と一緒に自然な誘導枠からコンテンツを楽しんでもらうことが可能になります。ソーシャル拡散の起点になることも多い「はてなブックマーク」では、ユーザーによる積極的なソーシャルシェアも期待できます。


※はてなブックマーク ネイティブ広告(はてなメディアガイド 2017年4-6月版より)

はてなネイティブ広告

これまで「はてなブックマーク」のネイティブ広告は、企業のオウンドメディアのコンテンツ誘導施策に活用いただいてまいりました。「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」の提供により、オウンドメディアを持たない企業でも、ネイティブ広告を活用したコンテンツマーケティングを実施いただけるようになります。

はてなでは「ユーザーコンテンツ活用型ネイティブ広告」の販売を通じて、企業のコンテンツマーケティング活動を支援します。また、さまざまなマーケティング課題を解決する当社ならではの広告商品の開発・提供に取り組んでまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加