このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.3.14

ヒトクセ、スクラッチや誤タップ除外等のリッチアドフォーマット4種類の作成機能の提供を開始

動画広告やネイティブ広告、リッチメディア広告の配信プラットフォームを提供する、株式会社ヒトクセ(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮崎航、以下「ヒトクセ」)は、スクラッチや誤タップ除外等のリッチアドフォーマット4種類の作成機能の提供を2017年3月14日に開始しました。

Smart Canvasの管理画面上のフォームから画像をアップロードし、パラメータ設定をするだけで、プログラムを組むことなく簡単にリッチ広告を作成し、アドネットワーク(※1)・DSP(※2)を通して広告配信をできるようになりました。

今まで個別制作が必要だったフォーマットが、管理画面上から制作できるようになったことで、より容易にプロモーション施策にリッチアドを組み込めるようになりました。

作成可能になったフォーマット一覧

・スクラッチバナー:重なった画像を擦ることで、上の画像のこすった部分が削れるバナー。クイズ、くじ引きやBefore/Afterといった様々な表現に応用することが可能です。

・誤タップ除外バナー:広告バナーの外側を非遷移領域にすることで、誤タップを防ぐことができます。これにより、より関心の高いユーザーのみ遷移させて広告効果につなげることが可能です。

・3カラムマルチリンクバナー:画像と遷移先を3つに分けて表示させ、様々なコンテンツを1つのバナー上で届けることが可能です。

・カルーセルバナー:複数の画像と遷移先を設定することで、複数商材の同時提示が可能です。
( サンプルデモ一覧ページ:http://smartcanvas.net/ja/sample_ads

リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」の概要

動画広告をはじめとするリッチメディア広告の制作や、配信、分析が可能なプラットフォームです。DSPやアドネットワークなど、複数の広告配信サービスからリッチメディア広告を配信することができます。
静止画よりも多くの表現が利用でき、商品のイメージを鮮明に伝えることができることから、リッチメディア広告はブランド名や会社名を認知させるブランディングという点で静止画よりも効果的です。


(※1) アドネットワーク:複数の媒体に対して広告を配信するサービス。
(※2) DSP : Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)。広告在庫の買い付けから配信、オーディエンスターゲティングなどを一括して管理できる広告配信プラットフォーム。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加