このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.3.22

東急エージェンシー、中吊り広告とLINE Beaconを組み合わせた広告の実証実験開始

AIRDOが実証実験の第一弾として、TOKYU OOHとLINE Beaconの試験的取り組みに参加し東急東横線・みなとみらい線にて3月20日から北海道航空券プレゼントキャンペーンを展開

株式会社東急エージェンシー(本社:東京都港区 取締役社長:桑原常泰)は、「LINE Beacon」の技術を活用し、電車内における中づり広告とコミュニケーションアプリ「LINE」を組み合わせ
た新たな広告商品の実証実験を開始します。その実証実験の第一弾として、株式会社AIRDOが企画した「北海道へ行こう!当たる2week!キャンペーン」を3月20日から東急東横線とみなとみらい線にて展開します。鉄道における「LINE Beacon」を活用した取り組みは日本初となります。

東急エージェンシー LINE

実施の背景

近年、電車内の過ごし方としてスマートフォンを利用する乗客が増加しています。東急エージェンシーでは、このような生活者の行動様式に即して効果的な情報配信モデルを模索するため、既存の交通広告とスマートフォンを連携させることで電車内での情報接触体験を進化させる新しいメディアの実証実験を開始します。また、エア・ドゥではこれまで「LINE」を活用して、LINE スタンプなどのコミュニケーションにとどまらず、エアライン初(LINE 調べ)の「LINE」による搭乗サービスの提供など、さまざまな取り組みを進めてまいりました。今回は、生活者に幅広く浸透している「LINE」をプラットフォームとして活用し、交通広告の新しい可能性に実証的に挑戦することが大きな特徴です。

本実証実験について

「LINE Beacon」を活用する広告商品の実証実験第一弾として、東急東横線・みなとみらい線車両の乗車時間を告知機会とした「北海道へ行こう!当たる 2week!キャンペーン」を 3 月 20 日より展開いたします。乗客は電車内で Bluetooth が受信可能な状態のスマートフォンで「LINE」を立ち上げると、本キャンペーンを告知する緑色のバナーが表示されます。乗客はこの告知バナーをタップし、指示に従って進めることで、キャンペーン応募用のメッセージを受信できる仕組みとなっています。

今後の狙い

エア・ドゥは、「LINE」活用の幅をさらに拡げて搭乗顧客や潜在顧客に提供するさまざまな体験を、これまで以上により豊かにすることにチャレンジしていきます。
東急エージェンシーは、今後の可能性として、この広告商品を活用することで、キャンペーン情報、クーポンのみならず、音楽、動画などのスマートフォンならではの情報量のある限定コンテンツを乗客に直接届けることを実現していきます。また、今後もデジタルテクノロジーを活用し交通広告や屋外広告と掛け合わせることで、広告手法の活用法を進化させていきます。それにより電車内、駅中、街中での双方向性やエンターテイメント性を追求し、広告主への新しい広告ソリューションの提供とユーザーベネフィットの提供を追及していきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加