このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.3.24

アイレップのデータフィード最適化サービス「Marketia Feed Manager」、サイトクローリング機能を実装

Facebookダイナミック広告

株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、「 Marketia Feed Manager 」にサイトクローリング機能を実装しました。

現在、広告主が保有する商品マスタデータを活用したFacebook、Criteo、Google などに代表されるダイナミック広告への出稿は、その広告効果の高さから拡大傾向にあり、連携可能な配信先も増加しています。ダイナミック広告を実施する上で、効果的な配信を行うためには、鮮度と精度の高い商品マスタデータを作成し、更新し続けることが大変重要です。その一方で、毎日の商品マスタデータの作成・更新が企業の課題となっていました。

各媒体の広告規定フォーマットに合わせてデータフィード※1を生成する「 Marketia Feed Manager 」は、これまで、広告主から商品マスタデータの提供を受けることが前提でした。今回の機能拡張により、広告主は商品マスタデータの作成・提供が不要になり※2、クローラー(情報収集プログラム)が広告主のWebサイトを巡回しデータを抽出、データフィードの自動作成・更新が可能になります。

アイレップがこれまで提供してきた、各媒体向けデータフィードの最適化、広告運用のPDCAに、このサイトクローリング機能を導入することで、ダイナミック広告配信にかかる広告主の工数・コストの削減を実現しました※3。既に商品点数が数百万点以上のサイトでも実績があり、小規模なサイトからEC・人材・不動産・旅行サイトなどの商品数・商材数の多いサイトまで、幅広く活用が可能です。


※1:データフィードとは、企業が保有する各種商品データ(商品ID、商品名、価格、商品URL、商品説明文、商品画像、在庫など)のこと
※2:サイト上に必要データがない場合はクローリング機能だけではデータ収集できない可能性あり
※3:これまで通り、商品データを当社に提供し、データフィード最適化~配信までのサービス提供も可能


  • このエントリーをはてなブックマークに追加