このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.3.27

Criteo、2017年度旅行業界ECの動向レポートを発表

~ハイシーズンの旅行予約、出発約1ヶ月以上前に検討開始する傾向が明らかに~

パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2017年度トラベルレポート(Japan Travel Seasonality Report 2017)を発表しました。

本レポートは、近年明らかになりつつある旅行者の行動傾向について、季節要因が旅行者の予約行動パターンに及ぼす影響や、旅行予約シーンでのモバイル浸透率とクロスデバイス浸透率など、旅行業界におけるマーケティング戦略に活用できうる知見を提供するものになります。

トラベルレポートサマリー

旅行者の予約パターントレンド
・ 旅行者は7月をピークに、年間を通して平均的に旅行サイトを利用
・ 大事な旅行は1ヶ月以上も前から検討を開始

旅行業界におけるモバイル・クロスデバイスの浸透率
・ 44%のユーザがモバイル経由で旅行を予約
・ 32%のユーザが毎日サイトを訪問した後に予約
・ コンバージョン率は比較検討しているサイト数に比例
・ 約60%のユーザが複数デバイスを活用して旅行検討・予約

旅行者の予約パターントレンド
訪問者と予約件数が1年で最も多いのは7月であるということがデータから読み取れます。旅行のピークシーズンであるゴールデンウィークや年末を見据えて、早い段階から集客を行うことで、旅行検討者に的確にコミュニケーションを行うことが可能になります。
また、年末やゴールデンウィークなど大型連休の際は、約1ヵ月以上も前から検討を開始する早期予約者が約5割を占め、通常時期よりも早期予約者が増えることが見て取れます。2017年で備えるべき大型連休は、ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィーク、年末年始の4つの時期です。これらのハイシーズンの約1ヶ月前から旅行検討者が検討を開始できる環境を整備しておくことがポイントになります。

旅行者の予約パターントレンド

旅行業界におけるモバイル・クロスデバイスの浸透率
2016年のデータをみると、デスクトップ経由で旅行予約するユーザが減る傾向にあるのに対し、モバイル経由で旅行予約するユーザは、年初の35%から年末には44%に増えています。
また、Criteoが実施したオンライン調査の結果によると、コンバージョンに至るユーザのうち、旅行サイトを週3回以上訪問するユーザは全体の約50%。毎日のようにサイトを訪れるユーザだけを見ても全体の32%にも上ります。さらに、1つの旅行サイトしか閲覧していないユーザのコンバージョン率を1とすると、 6つ以上の旅行サイトを比較検討しているユーザのコンバージョン率は4.7倍と、迷っているユーザほど予約(コンバージョン)に至る可能性が高いということが見て取れます。
あるホテルの予約サイトのデータによると、約60%のユーザがクロスデバイスで閲覧した後に予約に至っており、1台のデスクトップPCだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、複数のデバイスを組み合わせた「クロスデバイス」の活用が旅行業界においても進んでいます。

旅行業界におけるモバイル・クロスデバイスの浸透率

旅行業界におけるモバイル・クロスデバイスの浸透率

旅行業界向けのCriteoのソリューション

1.出発日に連動した自動最適化機能
Criteoの広告配信エンジンは、ユーザの旅行における予約サイクルを学習してバナー広告を配信します。季節要因の変化や、個々のユーザのパフォーマンスを予測して個別最適化を実現します。

2.ユニバーサルマッチ機能によりユーザのクロスデバイスでの行動パターンを特定
1人で複数のデバイスを所持することが当たり前になった今日において、クロスデバイス対応は必須です。Criteoではユニバーサルマッチ機能により、クロスデバイスでのユーザ行動を特定し、最適なメッセージ訴求を実現します。

3.リターゲティングで潜在意識の中にある興味を喚起
検討段階で商品購入を躊躇しているユーザをつなぎ止めるためにはリターゲティング広告が有効です。リターゲティング広告にポジティブな反応をしたユーザの約80%は、「何度も見かけるうちに旅行したい気持ちが高まる」などと回答しています。 また、「何度も見かけるのでリマインド機能の役割を果たしている」と答えた人を含めると、全体の90%以上に上ります。

4.個別にカスタマイズした効果的なメッセージ訴求
Criteoの広告配信エンジンは、カスタマージャーニーのあらゆるステージにおいても、最適なメッセージ訴求が可能です。例えば、旅行計画時のユーザには通常のリターゲティング配信、旅行予約済のユーザには出発直前に購入可能な商品訴求、旅行から帰着後のユーザにはニュースレター配信によるロイヤリティユーザへの引き上げ施策など、様々なステージでご活用いただけます。

5.ユーザの価値を正確に予測しROIを最大化
Criteoの広告配信エンジンは、ユーザの価値を予測し、ROIを最大化する入札金額を設定できます。これにより、個々のユーザポテンシャルに合わせた適切なメッセージ訴求が可能となり、効率のよい広告配信を実現できます。

旅行業界のマーケターへのアドバイス

旅行者にとっての第1候補に
旅行者は数ヶ月前から旅行を計画します。そのため、CPCを早めに上げて、需要を取り込めるようにするべきです。

モバイル最適化
サイトやアプリをあらゆるデバイスに最適化し、旅行予約数を最大化できるようするべきです。

クロスデバイスのカスタマージャーニーの対応は必須
ユーザのクロスデバイスのタッチポイントを追跡し、管理するためのスマートなソリューションを提供すべきです。

資料詳細は公式サイト(http://www.criteo.com/jp/resources/travel-seasonality-report-2017/ )よりご確認ください。

Criteo(クリテオ)について

Criteo(NASDAQ: CRTO)は一人ひとりの興味、関心に合わせたメッセージをオンライン広告を通じて届けるマーケティングソリューションを提供しています。広告をクリックすることで発生した売上を明確にすることで、ROI(投資利益率)の透明性を確保し、投資判断を容易にしています。Criteoは南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋に30カ所以上のオフィスを展開し、2,500名の従業員を擁して、世界各国 の多くのパブリッシャーと直接取引関係を結び、14,000の広告主の広告を生成・配信しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加