このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.4.3

博報堂DYメディアパートナーズとHandy Marketing、Yahoo! JAPANの分析データを活用した「Handy Market Analyzer®」を提供開始

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)と株式会社Handy Marketing(本社:東京都港区、代表取締役社長:大堀益弘 以下Handy Marketing)は共同で、広告主のマーケティングサイクルを高度化するソリューション「Handy Market Analyzer®(ハンディマーケットアナライザ)」の提供を開始します

「Handy Market Analyzer®」は、市場全体や企業サイト内の戦略ターゲットの含有状況を定常的にト レースする「KPI Tracer(ケーピーアイトレーサ)」と、マーケットの潮流やブランドのポジションを可視化する「Market Trend(マーケットトレンド)」の2つの機能を持つソリューションです。

「Handy Market Analyzer®」を活用することにより、広告主は、Yahoo! JAPANが提供するディスプレイ広告のサービスにおいて、広告効果の向上を図れるようになります。

これまで、マーケットの把握やマーケティング効果の測定には、定点かつサンプルベースのリサーチや販売データから推定するのが一般的であり、高速かつ高精緻なマーケティングサイクルが実現しづらいという課題がありました。

それらの課題に対し、博報堂DYグループが独自に開発している「生活者データ・マネジメントプラットフォーム」と、Yahoo! JAPANの検索、ショッピング、広告などさまざまなカテゴリーの分析データを活用することにより、市場や企業サイトにおける戦略ターゲットの含有状況、マーケットの潮流やブランドのポジションをスピーディーかつ定常的に把握することが可能になりました。

さらに、「Handy Market Analyzer®」をQueridaのソリューション群と組み合わせることで、マーケットやブランドポジションの変化やマーケティング効果をスピーディーに施策に反映させるなど、広告主の高速かつ高精緻なマーケティングサイクルを実現します。

なお、「Handy Market Analyzer®」の提供にあたっては、Yahoo! JAPANの提供するDMP、「Yahoo! DMP」と、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下DAC)の提供するDMP「AudienceOne®」とのDMP連携の仕組みを活用します。

博報堂DYメディアパートナーズとHandy Marketingは、今後も「Handy Market Analyzer®」を継続的に拡充していくとともに、マーケッターとデータサイエンティストが一体となり、企業のマーケティング活動を高度に支援してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加