このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.4.24

DNP、「DNPデジタルマーケティングプラットフォーム diip」のクラウド版を提供

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、店舗やECサイトでの顧客一人ひとりの行動分析から、プロモーション施策の立案支援、実施するキャンペーンの管理までを統合的に行う「DNPデジタルマーケティングプラットフォーム diip®(ディープ)」のクラウド版の提供を開始します。

高精度の情報セキュリティ機能を持つDNPデータセンターのクラウド環境と、低価格で柔軟なインフラを構築できるパブリッククラウド(AWS:Amazon Web Services)を併用し、セキュリティの確保とシステムの継続稼動性(可用性)を同時に実現します。

サービス開始の背景

スマートフォンなどの情報端末の普及に伴い、流通・小売業などでは、リアル店舗での購買情報を活用したマーケティングに加えて、ECサイトやスマートフォンアプリ、SNSなどで得られるビッグデータやAIを活用したデジタルマーケティングのニーズが拡大しています。
DNPは2015年から、リアル店舗やネット上での購買・閲覧情報など、生活者のさまざまな行動のデータを統合的に分析し、一人ひとりに最適なマーケティング施策の実現を支援する「DNPデジタルマーケティングプラットフォーム diip」を提供しています。「diip」は、データ分析やキャンペーンの設計、Eメール配信などによる生活者へのアプローチなど、マーケティングオートメーション(MA)に必要な一連の業務を支援するツールとして、これまでは主に大規模案件向けにオンプレミス(自社のサーバーでのソフトウエア運用)で提供してきました。
今回新たに、DNPデータセンターとAWSの2つのクラウドサービスを併用した独自の運用環境を構築し、高度な情報セキュリティ環境での大量データの安定利用に加え、企業のマーケティング担当者がMAに必要な機能を自社のニーズに合わせて選択したり、少量のデータを利用したテストマーケティングを実施したりしやすくしました。

「DNPデジタルマーケティングプラットフォーム『diip』」の新環境

今回のクラウドサービスの提供により、生活者一人ひとりが商品やサービスを知り、購買や会員登録をしたりするまでのプロセスである「カスタマージャーニー*」に合わせたマーケティング活動を支援する「diip」の機能を、企業ニーズに合わせた規模と環境で利用できるようにしました。

diip

*カスタマージャーニー関連ニュースリリース : http://www.dnp.co.jp/news/10112222_2482.html

1. さまざまな規模の企業のマーケティング活動に対応
使用するデータの規模や実施時期を柔軟に設定できるパブリッククラウドを利用することにより、テストマーケティングから大規模なキャンペーンまで、安定的でフレキシブルな実施が可能になります。
2. 個人情報の安全・安心な取り扱いにも対応したセキュリティ
高機能なセキュリティ環境を備えたDNP柏データセンターのクラウドを併用することで、生活者一人ひとりへのメール配信やDM送付などに必要な個人情報を安心して取り扱うことができます。
3. キャンペーンの設計から実施まで一気通貫の対応可能
コンサルティングやBPO(Business Process Outsorcing)などのDNPのノウハウと「diip」を組み合わせ、リアル店舗やECサイトでの購買行動の分析から、EメールやDMなどを活用した顧客一人ひとりへのアプローチまで、トータルに実施することも可能です。

Tags: ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加