このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.4.27

アドビ、電通デジタルと共同開発ソリューション「Adobe Analytics | Dentsu Digital Data Integrate」を提供開始

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は、株式会社電通の100%子会社である株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO 榑谷 典洋・代表取締役社長COO 鈴木 禎久)とデジタルマーケティング領域における統合解析ソリューション「Adobe Analytics | Dentsu Digital Data Integrate」を共同開発しました。本日より提供開始します。

「Adobe Analytics | Dentsu Digital Data Integrate」は、優れた顧客体験を提供するための包括的なクラウドサービス「Adobe Experience Cloud」の分析ソリューション「Adobe Analytics」内にマスメディアデータやオフラインの購買データを自動連携するサービスです。これにより、オフラインデータを含む企業のマーケティング投資全体の費用対効果の分析やオンラインでの顧客行動や購買との相関関係を一元的に分析することが可能になります。

デジタル化が急速に進展し、製品やサービスに加えて、デジタルでどのような顧客体験を提供するかが企業のブランディングにおいて重要な要素となっています。優れた顧客体験を提供するため、デジタルマーケティングを推進する企業が増えています。例えば、モバイルサービスの普及などにより多様化した消費者の行動プロセスにおいて、従来のマスマーケティング、店頭などのリアルタイムマーケティングに加え、デジタルマーケティングも実践し、これらを効果的に連携させる事例が増えてきています。同時に、これらの企業のマーケティング活動を一元的に管理し、分析するソリューションニーズも高まっています。

「Adobe Analytics | Dentsu Digital Data Integrate」により、オフラインデータを含む企業のマーケティング投資全体の投下量と、オンラインでの顧客行動や購買との相関関係を一元的に分析し、オンラインとオフラインを統合したマーケティング効果の最大化やWebコンテンツの施策改善を図ることが可能になります。

今回の発表に際し、電通デジタルの代表取締役CEO 榑谷 典洋様より下記のコメントをいただいております。

「アドビは、電通デジタルにとってテクノロジーの領域における大変強力なパートナーです。Webアクセス解析に幅広く活用されているAdobe Analyticsにマスメディアデータや購買データを連携させることで、統合的なデータ解析環境のご提供が可能になりました。今後もアドビのテクノロジーと私どものマーケティングノウハウを融合することで、マスとデジタルの双方を重視する企業に革新的なソリューションを提供してまいります。」

Adobe Experience Cloudについて

Adobe Experience Cloudは、企業が優れた顧客体験を提供するために必要なあらゆる要素を備えた包括的なクラウドサービスです。Adobe Marketing Cloud、Adobe Advertising Cloud、Adobe Analytics Cloudの3つのクラウドで構成され、Adobe Creative CloudおよびAdobe Document Cloudと連携するAdobe Cloud Platformを基盤として構築されています。Adobe Experience Cloudは、Adobe Senseiのマシンラーニングおよび人工知能(AI)の機能を活用し、世界水準のソリューション、完全かつ拡張可能なプラットフォーム、包括的なデータおよびコンテンツシステム、堅牢なパートナーエコシステム、卓越した体験を届けるための専門知識を兼ね備えています。Adobe Experience Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されています。

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加