このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.5.11

シーセンス、広告キャンペーン最適化ソリューション「Cxense Maxifier」を日本で提供開始

タグの設置なしに、純広の価値を引き出し、収益最大化を支援

シーセンス株式会社(日本法人:東京都渋谷区、代表取締役社長:江川亮一、以下シーセンス)は、シーセンスの広告キャンペーン最適化ソリューション「Cxense Maxifier」のサービスを日本国内で提供開始したことをお知らせします。

 Cxense Maxifierは、2015年7月にシーセンスが買収した広告キャンペーン最適化ソリューションです。純広の価値を引き出すために、広告配信データを分析し、最もパフォーマンスの高い在庫を特定し、個々の広告、および広告キャンペーン全体の最適化を実現します。

 これまでの広告キャンペーンの運用は、主に毎日パフォーマンスの集計をおこない、改善に向けて一つ一つ確認を経て実行していました。Cxense Maxifierでは、パフォーマンスが悪いキャンペーンのアラートが毎日自動配信され、改善を提案するオプションがリストアップされます。さらに、提案された改善オプションを選択すると、適用時の予測効果の良し悪しが数字で表示されます。これにより、キャンペーン変更に伴う、他キャンペーンへの影響まで予測できることで、さらなる収益最大化を支援することができます。

 実際に導入された海外のお客様においては、コンバージョン数が300%増、最初の30日間でCTRが平均30%向上といった成果や、オペレーターチームの月間運用時間が半分に削減されたという成果が出ています。

 シーセンスは、今後もパブリッシャーやeコマースの収益向上、ユーザーエクスペリエンスの改善を支援していきます。

□Cxense Maxifier(広告キャンペーン最適化ソリューション)
タグの設置なしに、広告配信データを分析し、最もパフォーマンスの高い在庫を特定し、個々の広告、および広告キャンペーン全体の最適化を実現します。それぞれのキャンペーンごとにKPIを設定できるほか、改善提案適用の影響予測やレポート出力、パフォーマンスダッシュボードも提供します。

[主な特徴]
・指定したKPIを最大化するための自動最適化プロセス・および設定変更内容のレコメンドを提供
・対象サイトへのタグ挿入なしで導入可能
 - アドサーバの配信ログファイルをインポートすることで分析
– レポートデータをAPI経由により連携
・媒体がもつ広告在庫を最適化可能(CPD/CPM/CPC/CPA/ハウス広告/アドネットワーク/SSP)
・全キャンペーンの可視化、および設定変更も可能な管理画面の提供

[最適化サポート対象の広告サーバ]
DFP, AppNexus

 

シーセンスについて

シーセンスは、ユーザーエクスペリエンスの最適化に関する数々のソリューションを提供する企業で、オスロ証券取引所に上場しています。オーディエンスデータや最新のリアルタイム解析ツールを用いて、高度なコンテンツレコメンデーションやターゲティング広告、予測検索を提供し、パブリッシャーやeコマースに向けてデジタル収益の向上を支援し、ユーザーエクスペリエンスの改善にも貢献しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加