このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.5.12

富士通、トレージャーデータとデジタルマーケティング事業で協業

富士通 トレジャーデータ

「TREASURE DMP」を通して、様々なチャネルの顧客データを高速分析し、デジタルマーケティング施策の展開をサポート

トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三橋 秀行、以下: トレジャーデータ)は、5月12日、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)とデジタルマーケティング事業において協業することが決定しました。

 今回の協業では、富士通が大量データの収集・保管および高速分析を得意とするトレジャーデータの「TREASURE DMP(トレジャーディエムピー)」を連携することで、リアルタイムによるマーケティング施策の実行をはじめ、高度なデータ分析が可能なソリューション「eXperience Data Platform(エクスペリエンス・データ・プラットフォーム、以下XDP)」の機能強化を図ります。XDPのマーケティングコンバージェンスプラットフォームにクラウドサービスとして組み込むことで、購買取引データやWeb閲覧データ、各種のアプリケーションやモバイル端末のログデータなど、オンラインかつオフラインな顧客情報の行動・属性といった大量データに対応し、高速分析ができるプラットフォームを実現します。

 「TREASURE DMP」は、 様々なチャネルにおける顧客データとサードパーティデータを利用してデータを統合させることで、ユーザー毎の属性、店頭・Webの購入履歴、サイト内行動、広告接触、センサーデータ等をベースに分析し、マーケティングを支援することが可能なツールです。今回の連携により、富士通のXDPと連携する他のマーケティングツールにおける顧客のデータと統合することが可能になるため、富士通が提供するデジタルマーケティング製品を採用している企業のきめ細かなマーケティング施策の展開を強力にサポートしていくことができるようになります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加