このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.5.15

ADK、多面的な若者バイラルマーケティング分析を可能にする 「ワカナビセブン」を開発

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)の若者プロジェクトが運営する現役大学生による若者マーケッター集団「ワカスタ」と、生活者調査・データ解析・プランニングの専門会社「アクシバル」が共同で、若年層(18~29歳男女)の情報拡散の構造をクラスターごとに分析する新しいツールを開発いたしました。

いまや様々な情報ディバイスやサービスを使いこなす若者たち。TVなどマスメディア以外にも、SNSを中心とした様々な手段で情報を受信し、発信しています。そんな彼らに対してどのようにアプローチすれば、情報を受け取ってもらいやすいのか。発信してもらいやすいのか。若者の間で効果的に情報を流通させるためのアプローチ方法を解明することをゴールに、「ワカスタ」と「アクシバル」の共同プロジェクトはスタートしました。

“若者”と一言でいっても、様々なタイプが存在します。タイプによって、同じコンテンツに対しても興味を抱くポイント、過程は異なります。例えば「フォトジェニック」要素に反応する“パリピ系の若者”と、「ツッコミどころのあるネタ」に反応する“ヌルオタ系の若者”とでは、興味のある文脈(コンテクスト)が異なるのです。

そこで、今回のプロジェクトでは、「ワカスタ」が持つ若年層に関する豊富な知見を基に、生活者の意識・価値観データと購買・メディア接触ログデータ(一部)を統合した「アクシバル」独自の「3Dデータベース」と連携したパネルを活用し、若年層特有の意識・価値観や情報行動を解明するための独自調査を実施。総合的に分析した結果、若者を“みんな推しミーハー”“内輪ネタリスト”など7つのクラスターに分類しました。このクラスターごとに、情報が流通しやすいコンテクストやメディアなどを明らかにする手法が「ワカナビセブン」です。

こうした手法は、今後、多様化する若者へのアプローチ方法を明快にするばかりではなく、若者全体に広がる“コンテンツづくり”にも役立つものと考えております。ADKでは、クライアント企業の抱える課題の解決や、新製品開発に活用してまいります。

ADK若者スタジオ(ワカスタ)

http://wakasuta.com/

ADKが2012年に設立した、選抜された大学生メンバーによる若者マーケッター集団。「若者のことは、若者が一番知っている。俯瞰して若者を分析していても見えてこないことがたくさんある」という視点から、若者自身が若者を分析するマーケティング活動を行い、現代の若者の実像を掴むとともに、メンバー自らが商品開発や企業への提案を行っています。

アクシバル

https://www.axival.co.jp/

2014年に設立したADK100%子会社。データから生活者のインサイトを導き出す、生活者調査・データ解析・プランニングのプロフェッショナルです。生活者の“行動”(Action)と“意識”(Insight)を統合した独自の「3D(スリーディー)データベース」を活用し、さまざまなマーケティングコンサルティングサービス(Value)を提供しています。

Tags:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加