このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.5.22

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、インフィード広告枠の配信を本格対応へ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、この度 DSP『Logicad』において、インフィード広告枠への大幅な拡充を行いました

インフィード広告は、近年スマートフォン向け広告配信を中心に更なる成長が期待されています。今回、対応するインフィード広告の種類は、外部コンテンツ誘導型です。特徴は、媒体社が提供する記事・コンテンツと一体感のあるデザイン、フォーマットで誘導枠を設置することで、外部コンテンツ(ランディングページなど)へのコンバージョン(CV)を促進するものです。

logicad インフィード

先行配信におけるリターゲティング広告の効果

本対応に伴い、先行配信を行ったところ、リターゲティング広告の CPA(顧客獲得コスト)において、通常のバナー広告と比較した場合、大幅な改善(約 60%)がみられています。

「Logicad ダイナミッククリエイティブ」における商品データの活用

「Logicad ダイナミッククリエイティブ」を利用しているケースでは、共有されている商品データを活用することで、インフィード広告枠への配信も可能となります。

logicad インフィード

今後は、当社が所有する約 3 億 UB(ユニークブラウザ)のデータを瞬時に高速解析する技術とあわせた広告効果の最大化を目指します。

インフィード広告枠 対応 SSP

・「DoubleClick Ad Exchange」
・「Ad Generation」
・「fluct」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加