このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.6.1

SSP「fluct」、「Criteo」とネイティブ広告のRTB取引開始

株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)の連結子会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:古谷 和幸/代表取締役兼COO:土井 健)は、SSP「fluct」において、ネイティブ広告のRTB取引を強化するため、連携しているパフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCRITEO株式会社(東京都渋谷区、北アジア地域最高責任者 兼 日本取締役社長:グレース・フロム)が運営するDSP「Criteo」と、メディア及びアプリにおけるインフィード型ネイティブ広告のRTB取引を開始しました。これにより、SSP「fluct」経由でのインフィード型ネイティブ広告配信量が拡充され、SSP「fluct」提携メディアは、更なる収益拡大を図ることができます。

CRITEOについて

CRITEOは一人ひとりの興味、関心に合わせたメッセージをオンライン広告上で届けるマーケティングソリューションを提供しています。広告をクリックすることで発生した売上を明確にすることで、ROI(投資利益率)の透明性を確保し、投資判断を容易にしています。CRITEOは南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域に30カ所以上のオフィスを展開し、2,500名以上の従業員を擁して、世界各国の多くのパブリッシャーと直接取引関係を結び、15,000の広告主の広告を生成・配信しています。詳細は http://www.criteo.com/ をご覧ください。

株式会社fluctは、2008年からメディアの収益化に取り組み、12,000以上のメディアの広告収益最大化を行っております。fluctでは今後も、メディアの成長を共創すべく、SSP「fluct」のほか、「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」として、サイト運営者向けに「Google AdSense」・プレミアムなサイト運営者向けに「DoubleClick Ad Exchange」(https://corp.fluct.jp/service/publisher/google/ )なども活用し、メディア・アプリディベロッパーの皆様にとって便利なサービスを提供してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加