このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.6.2

Google、2018年から「Better Ads Standards」に準拠しない広告をChromeでブロックへ

chrome アドブロック

1

Googleは、2018年から「Better Ads Standards」に準拠しない広告をChromeでブロックし表示を停止するという方針を発表しました。

以前からChromeがアドブロックを標準搭載をするという噂はありましたが、それが具体的な方針となってGoogleから発表された形となりました。

ポップアップ広告、インタースティシャル広告、30%の占有率のある広告、また自動で音声が流れるような動画広告などが今回の違反の対象となる広告となります。

以下が、今回発表された違反となる広告の代表例です(英名)。

PC
・Pop-up Ads
・Auto-playing Video Ads with Sound
・Prestitial Ads with Countdown
・Large Sticky Ads

Mobile
・Pop-up Ads
・Prestitial Ads
・Ad Density Higher Than 30%
・Flashing Animated Ads
・Auto-playing Video Ads with Sound
・Postitial Ads with Countdown
・Full-screen Scrollover Ads
・Large Sticky Ads

メディアの運営者は自分のサイトが違反対象になるかどうかはサーチコンソール上で確認をすることができます。

Googleの審査が完了し、もし違反していた場合は、修正をして再度審査を申請することも可能だそうです。

2018年からの対応になるため、2017年中に違反となっている広告はすべて直しておいた方が収益に影響を与えないと考えられます。

またユーザー目線では、体験が向上することになるため、ユーザー体験を重視した広告枠の作成や、マーケターは購入を考える良い機会とも言えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加