このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.6.13

クリエイターズマッチ、インフルエンサーの投稿写真から広告バナーを制作する「Adgenic」をリリース

Adgenic

日本国内で最も多くのバナー・LPを制作し、大手広告主や広告代理店など1,000以上の事業者が導入する制作業務に特化したグループウェア『AdFlow(アドフロー)』を提供する株式会社クリエイターズマッチは、インフルエンサーマーケティングを手掛けるTHECOO株式会社と事業提携し、インフルエンサーの投稿写真から広告バナーを制作するサービス「Adgenic」を2017年6月13日より提供開始いたします。

日本国内で最も多くのバナー・LPを制作し、国内の大手広告主や広告代理店、制作プロダクションなど1,000以上の事業者(個人事業主含む)が導入する、制作業務に特化したグループウェア『AdFlow(アドフロー)』を提供する株式会社クリエイターズマッチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:呉京樹 ゴ ケイジュ、以下「クリエイターズマッチ」)は、インフルエンサーマーケティングを手掛けるTHECOO株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:平良真人、以下THECOO)と事業提携し、インフルエンサーの投稿写真から広告バナーを制作するサービス「Adgenic」を、2017年6月13日(火)より提供開始いたします。

Adgenicとは

クリエイターズマッチ・THECOO共同開発による、下記2つのサービスをパッケージ化。

(1)インフルエンサーをマーケティングに起用(商品・サービスの紹介など)。
THECOOのグループ会社HUITMORE所属のインフルエンサーを中心に起用が可能。

(2)インフルエンサーが撮影した写真や動画から、デジタル広告クリエイティブを制作。

合わせてAdFlow, ADTestを活用したバナーの効果検証も実施。
本サービスは、「インフルエンサーのSNS投稿による商品プロモーション」という施策にとどまらず、「インフルエンサーが制作した写真・動画」を広告クリエイティブに加工して広告主へご提供します。SNSでユーザーから支持されているインフルエンサーによる写真・動画は、広告クリエイティブとしてもユーザーに受け容れられやすく、有効だと考えられます。インフルエンサーの起用価値を最大限に引き出し、あらゆるデジタル広告へ波及させることを目的としています。

事業提携・商品開発の背景

ユーザーの趣味嗜好の細分化が進む昨今、消費者に見てもらえる広告クリエイティブを作ることはますます難しくなりつつあります。従来型の企業目線・企業発信での広告クリエイティブはクリックされづらく、印象にも残りにくいのが現状です。一方で、SNSで多くのファンを抱えるインフルエンサーの投稿は、日々多数の「いいね」や「コメント」を集めています。

ユーザーにきちんとメッセージを届けられるインフルエンサーの発想・感性を活かした広告クリエイティブを活用できる仕組みを作るため、バナー・LP制作で日本最大級の実績を誇るクリエイターズマッチと、国内外で多数のインフルエンサーマーケティング企画実施の経験を持つTHECOOとの事業提携による「Adgenic」の開発に至りました。

プラン例

スタンダードプラン(¥650,000~)
インフルエンサーを2-3名起用(トータルフォロワー数5-10万人)。

-プロモーションする商品の写真撮影を行い、インスタグラムへの投稿を実施。
-各インフルエンサーの撮影した写真からバナーデザインを制作。
(新規デザイン:インフルエンサー3名分x2パターン=6パターン。リサイズ:任意の3サイズを制作。)
-クリエイターズマッチ社のADTest を通じて、バナーのユーザーテストを提供。

トライアルプランとして、インフルエンサーによる写真撮影・バナー制作・バナーのユーザーテストに絞ったサービスも提供いたします。(¥365,000~)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加