このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.6.13

アイレップ、モバイルページのAMP化による 広告品質向上サービスを提供開始

株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、モバイルページのAMP 化支援と、広告との連携による広告品質を向上するサービスの提供を開始しました。

Acelerated Mobile Pages(AMP) は、モバイルページの表示を高速化するためのオープンソースのプロジェクトで、規格に沿った設定により表示速度の改善が可能となります。今年5月に米国で開催されたGoogle Marketing Next 2017における、Google 社のモバイル向け検索連動型広告のAMP 対応開始についての発表※は、モバイルにおけるユーザー体験の重要性の高まりを示しており、自社モバイルサイトの適切なAMP化により、これまで以上のユーザビリティ及び広告品質の向上が期待できます。

一方、現状のAMP はJavaScriptの利用に制限をかけているため、各種マーケティングツールに影響を及ぼす可能性があり、AMP 化したモバイルページでは従来と同様の機能を果たせないケースも発生し得ます。このような影響は技術規格の変更や各種ツールのAMP 対応状況により変化し、テクノロジーを活用した高度なマーケティングを実施している広告主ほど大きなインパクトを受ける傾向にあり、この一連の影響を適切に予測・分析・理解することが企業にとって導入の際の課題となります。アイレップは、モバイルページのAMP 対応状況診断と、AMP 化の支援、広告との連携による広告品質の向上に加え、AMP 化による影響を踏まえた包括的なデジタルマーケティング支援を行います。

アイレップは今後も、高度な運用力を強みにデジタル領域における進化を続け、クライアント企業のマーケティング活動を支援してまいります。

※ 自然検索結果については、既に対応済み


  • このエントリーをはてなブックマークに追加