このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.6.14

フリークアウト、リテールテックプロダクトユニット「ASE」を発足

ASE

株式会社フリークアウト(本社:東京都港区、代表取締役:時吉 啓司、以下フリークアウト)は、これまで培ってきたマーケティングテクノロジー領域での知見を活用し、流通・小売業の抱える様々な課題を解決するリテールテックプロダクトユニット 「ASE(エース)」を発足いたしました。ASEが提供するプロダクトの第一弾として、ジオマーケティングプロダクト 「ASE Ad」 、 「ASE Analytics」のサービス提供を開始いたします。

フリークアウトでは、2015年より位置情報を活用したプロダクト開発に取り組んでおり、提携した大手スマートフォンアプリベンダー・株式会社ブログウォッチャーなどの位置情報データプラットフォーマーにて取得される位置情報をDMPへ蓄積してきました。(*1)

これらのDMPにて蓄積された位置情報データを、流通・小売事業者の集客・顧客分析の効果及び利便性向上を目的として、位置情報ターゲティング広告配信プロダクト「ASE Ad」、オフライン行動分析プロダクト「ASE Analytics」を開発いたしました。

ASE

「ASE Ad」 は、取得された生活者の位置情報に基づき、任意の店舗への来店者、エリアの居住者を識別・セグメント化し、Red(*2)やLINE Ads Platform(Red経由でのLINE広告枠在庫買い付けが対象)、SNSを通じた広告配信を可能にします。また、広告を閲覧したユーザーが実店舗への来店を行ったかを計測する来店コンバージョンの計測の機能も実装いたしました。

ASE

「ASE Analytics」は、指定した自店舗・競合店に対し、それぞれの店舗への来店者居住地域分析や、他店舗との併用利用率分析を可能にし、リテール事業者の顧客動向を可視化します。

ASEでは、ジオマーケティングプロダクトを皮切りに、流通・小売事業者の課題解決につながるプロダクト開発を引き続き行ってまいります。

*1 取得するデータとプライバシー保護の取組みについて:
本サービスの提供にあたり、フリークアウトは、各アプリベンダー、プラットフォーマーに委託し、サービス利用企業のマーケティング(ターゲティング広告の配信及び広告効果等の分析)を目的としてデータを取得いたします。
ASEのプロダクトで利用される位置情報データは、そのデータの取得についての事前同意(オプトイン)を必須としており、アプリの利用規約及び位置情報の取得に承諾したユーザーからのみ位置情報データを取得しています。
当社がユーザーの承諾なしにデータを取得することは一切ございません。また、データ取得承諾後にも、オプトアウト方式でデータ提供を取りやめることが可能です。
取得したデータは、当社が掲示しておりますプライバシーポリシーに基づき、厳格に管理いたします。(http://js.fout.jp/info/privacy.html

*2 「Red」について:
フリークアウトが提供するスマートフォン領域における広告効果を最大化するマーケティングプラットフォームです。

株式会社フリークアウトについて

フリークアウトは、ブランドマーケティング、認知拡大、需要喚起、新規見込み顧客の獲得を目的としたマーケティングプラットフォーム「FreakOut」と、モバイル上での顧客獲得、販促活動を最先端の独自機械学習エンジンによって効率化するモバイルマーケティングプラットフォーム「Red」を展開するマーケティングテクノロジーカンパニーです。
現在、120社を越える広告代理店様のDSP/DMP事業を支える技術インフラの提供を行うと同時に、通信キャリア、航空会社、飲料メーカー、トイレタリー企業をはじめ10,000アカウントを超える顧客に当社プラットフォームをご活用いただいております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加