このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.6.26

アイモバイルのスマホ動画広告プラットフォーム「maio」、Googleが提供する「AdMobメディエーション」インタースティシャル広告に対応開始

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中俊彦、東証マザーズ上場:証券コード6535、以下「アイモバイル」)は、本日スマートフォンに特化した動画広告プラットフォーム「maio(マイオ)」(リンク)にて、Googleが提供する「AdMobメディエーション」のインタースティシャル広告に対応開始いたしました。

AdMob動画リワードメディエーションにて、インタースティシャル広告を利用しているアプリディベロッパー様においても、カスタムイベントを利用することで、maioSDKを導入することが容易となり、「maio」の収益性の高い動画インタースティシャル広告を配信することが可能となりました。

maioの主な特徴

【1】視聴完了で収益が発生
「maio」はスマートフォンアプリ向けの動画アドネットワークです。
動画視聴完了でメディア様に収益が発生するため、高い収益性を実現することが可能です。

【2】充実した案件数
国内最大級アドネットワークに成長したアイモバイルでのお取引を活かした
豊富な広告在庫でメディア様の収益を最大化させて頂きます。

【3】アクティブ率・継続率の向上
今までユーザーが離脱していたポイントにmaioを実装して頂くことで、
ユーザーのアクティブ率や継続率を向上することが可能となります。

アイモバイルは、2007年から国内でアドネットワークを運営し、国内最大級の広告在庫を保有する規模まで成長しました。その強みを最大限に活かし、スマートフォン動画広告領域でも広告主様・メディア様に必要とされるサービスをご提供できるようサービスの拡充をしてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加