このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.7.5

ALBERTとマクニカ、人工知能(AI)とIoTを駆使した スマートファクトリー事業で業務提携

株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上村崇、以下ALBERT)と株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中島潔、以下マクニカ)は、ALBERTが強みとする人工知能(AI)・機械学習技術と、マクニカが取り扱うIoTソリューション向けハード/ソフトウェア及び各種IoT向けソリューション/サービスを組み合わせることで、工場のスマートファクトリー化を実現するソリューションを共同で提供する業務提携を締結いたしました。

インダストリー4.0が提唱され、人工知能(AI)とIoTを駆使して工場の最適な稼働を実現するスマートファクトリーが注目を浴びています。ALBERTではこれまで分析力をコアとしたデータソリューション事業を通して、人工知能(AI)や機械学習技術を活用した工場の異常検知や稼働監視、各機器の故障予測などを実現するための知見を蓄積してまいりました。一方マクニカは、最先端のエレクトロニクス商材のサポート、開発で培った技術力と、顧客の要求に合わせて幅広い商品ラインナップから最適商品を選定及び提案する中で得たノウハウや、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉える商社機能を活かし、昨今では独自のIoT向け商品の開発や、遠隔監視、予知保全導入支援のサービスを用意し、お客様のスマートファクトリー化の支援をしており、2016年度から現在までに50件以上の予知保全、遠隔監視ソリューションの導入提案を実施しております。

本業務提携により、両社の強みを生かし、スマートファクトリー化で工場の最適な稼働を目指す企業を共同で支援するサービスを展開してまいります。

また、2017年7月6日(木)及び7月11日(火)に開催されるマクニカ主催のMacnica Networks DAYにおいて、本イベントDAY2、7月11日(火)に開催されるインダストリアルセッションにて、「IoTにおけるAI活用の今 ~AI×IoTで実現する異常検知・稼働監視~」と題してALBERT代表取締役社長の上村が講演いたします。本セッションでは、人工知能(AI)とIoTを駆使したスマートファクトリーソリューションについて具体的な事例を交えてご紹介します。

開催概要

名 称: Macnica Networks DAY 2017
日 時: DAY1 2017年 7月 6日(木)13:00~(受付開始 12:00)
     DAY2 2017年 7月 11日(火)13:00~(受付開始 12:00)
会 場: 東京コンファレンスセンター・品川
主 催: 株式会社マクニカ、マクニカネットワークス株式会社
費 用: 無料(オンライン事前登録)
申 込: 下記リンク先からお申込みください。
     https://mnd2017.smktg.jp/public/application/add/31

“分析力”と“システム開発力”を強みとするデータサイエンティスト集団として、人工知能やビッグデータ領域における画期的なソリューションを開発し続けていくALBERTと、最先端のエレクトロニクス商材・技術を数多く保持し、市場の動きや顧客ニーズを的確に捉え、最先端のハード/ソフトを提供していくマクニカの業務提携により、日本の製造業に大きな革新をもたらしていきます。

株式会社マクニカ

マクニカは、1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。そこで培ったノウハウを駆使し、IoTの導入をワンストップで支援するソリューション、サービスを提供しています。
当社は、横浜に本社を構え、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、ポーランド、香港、台湾、韓国、中国、シンガポール、タイ、インド、マレーシアの世界17カ国に現地法人を有し、日本を始めとした70の販売拠点で営業を展開しています。

株式会社ALBERT

2005年7月設立。事業コンセプトは『分析力をコアとするデータソリューションカンパニー』。
高度なデータソリューションを提供するためのコアコンピタンスである『分析力』は、アナリティクス領域における、「マーケティングリサーチ」「多変量解析」「データマイニング」「テキスト&画像解析」、エンジニアリング領域における、 「大規模データ処理」 「ソリューション開発」「プラットフォーム構築」「最適化モデリング」の8つのテクノロジーで支えられています。8つのテクノロジーには豊富な実績に裏付けられた、ALBERT独自のアルゴリズムや手法が用いられており、優位性を確保しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加