このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.7.11

ログリー、広告の透明性と安全性への取り組みを強化

ログリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉永浩和、以下ログリー)は、不正なボットによる無効トラフィックの排除、ブランド毀損につながる恐れのあるページへの広告配信の自動抑制など、アドフラウドやアドベリフィケーションへの取り組みを強化することを発表いたします。

 ログリーはこれまで、ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」においてブランドセーフティへの取り組みを行ってまいりました。これは、広告主にとって不適切と判断されるサイトやページへの広告配信を抑制することを目的としています。広告配信設定時に広告主の事業ブランドや商材ごとにプレイスメント指定を行うことで、ブランド毀損につながる恐れのあるサイトやコンテンツページへの広告配信を未然に防ぐ仕組みとして提供しています。

 今回、全世界的なアドフラウドに関する議論の高まりを受け、さらなるインターネット広告の透明性確保と安全性を担保するべく、不正な広告表示やクリックの排除機能、ビューアビリティ機能についても強化を行っております。

 logly liftの標準機能として、同タグ上で表示するすべての媒体枠ごとにビューアブルインプレッション測定を行い、広告がどれだけ閲覧可能な状態で表示されているかを可視化いたします。また、第三者のさまざまな広告測定事業者によるビューアブルインプレッション測定にも対応し、不正なボット等によるインプレッションを正確に検出、排除可能となりました。logly liftはCPC課金モデルのため、支払い対象となるクリック時のビューアビリティについてはこれまでも確保されてきましたが、広告主はlogly lift上でビューアビリティの高い媒体枠への広告配信を行うことで、インプレッション/クリックの両面で実態に即した広告効果を得ることが可能となります。

 ログリーは今後も、インターネット広告の透明性と安全性の確保のために、さらなる機能強化を継続し、時代に即した広告配信に対応してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加