このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.7.12

Facebook、Messenger広告が世界中で利用可能に

FacebookMessenger広告が世界中で利用可能に

7月11日(米国時間)から、Messenger広告がすべての国と地域で順次利用可能になります。オーストラリアとタイで実施していたベータテストで良好な結果が得られたため、対象地域を拡大することになりました。間もなく世界中のあらゆるビジネスが、Facebookならではのターゲティングで、Messenger利用者にもリーチできるようになります。

毎月12億人以上が利用するMessenger1は、キャンペーンのリーチを拡げ、より多くのビジネス機会を提供します。

Messenger広告でリーチを拡大

Messenger広告は、Messengerモバイルアプリのホームタブに表示されます。広告をタップすると、利用者はウェブサイトやMessengerスレッドなど、広告作成時に指定したリンク先へ誘導されます。

Messenger広告は、広告マネージャとパワーエディタのどちらからでもご利用いただけます。Audience Network同様、Facebook広告の配信先のひとつとして選択でき、対応するキャンペーン目的ではデフォルトで配信先に含まれるようになります。現時点では広告の目的が「トラフィック」または「コンバージョン」の場合にご利用いただけ、「アプリのインストール」など他の目的でも近日ご利用いただけるようになる予定です。

Messenger広告について詳しくは、広告主様向けヘルプセンターをご覧ください。

また、以下の既存ソリューションも併せてご活用ください。

Tags:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加