このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.7.28

SpotX、プログラマティック動画で日本市場へ参入 ーコマーシャルディレクターに原田健氏ー

cciとspotx

動画広告配信プラットフォームのSpotXはこの10年間、世界の媒体社に対し、動画広告在庫のマネタイズを完璧に制御する信頼できる技術を提供してまいりました。SpotXは本日、日本国内における事業推進チームを設置し、日本市場に参入することを発表します。

その事業推進チームには、業界経験の豊富なメンバーを揃えコマーシャルディレクターに原田健氏が就任しました。
日本全国の各媒体社とリレーションシップを拡充させるとともに、広告代理店を通じて動画広告を配信したい広告主の裾野を広げ、動画広告の普及、拡大を図って参ります。

Mike Shehan CEOは、日本市場への参入がSpotXの世界進出計画において大きな意味があることだとして、次のように述べています。「日本での事業展開に必要な最高の人材を集めることができました。今がまさに、プログラマティック動画サービスを日本でスタートする最適のタイミングです」
「日本の媒体は世界第3位の市場規模をもっていますが、媒体のメニューが固定化されることで省エネなシステムを作り上げてきました。しかしいま、デジタル化の波がメディア販売のイノベーションを加速させ、プログラマティックによる広告取引がスポットライトを浴びています」
「SpotXは媒体社に提供するツールは、PCやモバイル、動画配信サービスのいずれにも利用することができます。媒体社が広告配信をコントロールすることができ、状況把握も容易になるため、動画広告収入を最大化することが可能になります」
SpotXは欧州最大のメディアグループ「RTLグループ」(ルクセンブルク)の傘下にあり、JPAC市場で有数の媒体社と契約を結んでいます。日本では、電通グループの「CCI」とも提携を発表するなど、今後も媒体社が保有する動画コンテンツのマネタイズを向上させるためにSpotXは活動を強化していきます。

原田氏は、「日本の媒体社は、収益を向上させるこの種のプレミアムサービスを待っていました。SpotXは日本市場に大きな影響を与えると確信しており、専任チームと共に日本市場での動画広告業界を盛り上げていきたい」と語っています。
SpotXは米国コロラド州デンバーに本社を置き、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、シドニー、アムステルダム、ストックホルム、ハンブルク、ベルファスト、シンガポールにオフィスを設立しました。

SpotXについて

SpotXは動画広告配信プラットフォームです。媒体が表示される様々なデバイスにおいて、収益を上げることが可能なツールです。通常の動画配信からプログラマティック配信まで対応しており、OTTサービウやアウトストリーム動画等も可能です。SpotXは、媒体社による掲載の事前審査が可能な上、透明性も高いのが特徴で、買付行動を把握しながら価格や収益の最大化を図ることが可能になります。本社は米デンバー市(コロラド州)、オフィスはニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、シドニー、アムステルダム、ストックホルム、ハンブルグ、ベルファスト、シンガポールと年々拡大しており、2017年6月には東京オフィスを開設しました。2014年の7月にヨーロッパトップメディアグループのRTL Groupが65%の株を取得しました。最新の情報はSpotXの Twitter と LinkedInに掲
載されております。


当サイトは有志で運営されています。継続的な運営のため、気に入りましたらご支援お願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加