このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.8.3

Oath Japan、オンラインメディア運営の AOLオンライン・ジャパンと事業統合

Oath_logo

デジタル広告プラットフォームのOath Japan株式会社(東京都港区、代表取締役 カントリーマネージャー:坂下 洋孝、以下Oath Japan)は、2017年8月1日付で、TechCrunch Japan、Engadget 日本版、Autoblog 日本版などのオンラインメディアを運営するAOLオンライン・ジャパン株式会社(以下AOLオンライン・ジャパン)と、事業統合しました。本統合により、旧AOLオンライン・ジャパンはOath Japanのメディア部門となり、安藤 雄二が取締役 Head of Mediaとしてメディアを統括します。

昨今、広告掲載における品質低下によるブランド毀損や、メディアにおけるフェイクニュースなどが問題となり、コンテンツの信頼性が重要視されています。Oath Japanでは、今後さらに「ブランドセーフティ」に注力し、広告プラットフォームとメディアの両軸から顧客のニーズに合致したソリューションを提供してまいります。

Oath Japan 代表取締役 カントリーマネージャーの坂下 洋孝は、次のように述べています。

「本事業統合により、信頼性の高いコンテンツとテクノロジーが融合した新しいユーザー体験を、コンシューマー、広告主様、広告会社様、ならびに媒体社様に提供することが可能になりました。Oathは、2020年までに20億人のユーザーにリーチする、という新たな目標を掲げています。オープンプラットフォーム、プレミアムメディア、クリエイティビティの3つをキーワードに、広告配信プラットフォームとメディア両方のサービスを提供するユニークな特徴を生かし、生活者にとって価値のあるコンテンツを、革新的なアイデアと方法で提供できるよう、Oath Japanは日本市場での事業に邁進してまいります」

Oath Japan 取締役 Head of Mediaの安藤 雄二は、次のように述べています。
「我々は、『モバイル』、『動画』、『イベント』の3つを柱に、グローバルでのOathグループ資産を活用したモバイル対応の推進、独自コンテンツの拡充を行い、またイベントなどリアルな体験によるエンゲージメントの向上を進めてまいります。コンシューマーや広告主様から一層の信頼を得られるよう、Oath Japanのメディア事業の発展に注力してまいります」

Oath Japan株式会社について

米ベライゾンの子会社であるOathは、「Build Brand People Love(人々に愛されるブランドを築く)」を掲げ、グローバルで保有する50以上のメディアとテクノロジーブランドのダイナミックな総合企業として、世界で10億人以上にリーチしています。Oathは、デジタルとモバイルのグローバルリーダーとして、メディアの未来を創造していきます。
Oath Japanは、Oath(Americas)Inc.の日本法人です。プログラマティック広告のソリューションプラットフォームである“ONE by AOL”を通じて、広告主ならびに媒体社に、シンプルかつオープンな高機能の広告配信テクノロジーサービスを総合的に提供しています。また、2017年8月よりAOLオンライン・ジャパンと事業統合し、ガジェットファン向けサイト「Engadget 日本版」、テクノロジーメディア「TechCrunch Japan」、自動車Webメディア「Autoblog 日本版」、エンタメ情報サイト「AOLニュース」等のメディア事業も展開しています。
URL: http://www.aolplatforms.jp/

Tags: ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加