このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.8.18

Facebook、インストリーム広告でFacebook配置とAudience Network配置が選択可能に

モバイルで動画というと、かつては比較的短いものを出先で見る程度でしたが、最近では比較的長い動画もモバイルで見る人が増えています。Facebookではそうした長尺動画についても、消費者が視聴を楽しみ、コンテンツを提供するパブリッシャーやクリエイターが収益を得られるようなエコシステムの構築に取り組んでいます。先週には、新しい動画コンテンツの発見や視聴を促進するプラットフォームWatchを公開しました。人々が長尺動画を見る場が増えたということは、広告主にとってはインストリーム広告でリーチする機会が増えることでもあります。

Facebookは動画広告について幅広いオプションの提供に努めていますが、広告が表示される場所についてはかねてから「ニュースフィード」や「インストリーム動画」といったレベルよりもっと細かい指定をしたいという要望が寄せられていました。そこで、インストリーム広告については、配置をより具体的に指定できるようにします。Facebook動画、オーディエンスネットワーク、またはその両方を選択できます。

FacebookとAudience Networkでは、長さ15秒以内のインストリーム広告の70%以上が最後まで、それもほぼ音声ありで再生されています1。つまり、モバイルに最適化した15秒以内の動画を使用すれば、最後まで見てもらえる可能性が高まります。さらに、広告はFacebook独自の人ベースターゲティングによって、適切な人に適切なタイミングで配信されるため、平均オンターゲット率は89%にも達します2

インストリーム広告の先行事例

長尺動画は特にFacebookで人気が高いため、パブリッシャーやクリエイターもそこでの視聴者を意識したコンテンツ作りを行うようになってきています。そうした中で、厳選されたパブリッシャーやクリエイターによりアップロードされた動画コンテンツを通じてターゲット層にリーチできるのが、Facebookのインストリーム広告の特長です。

SYFYは最近、ネットワーク規模のリブランディングをインストリーム広告のみで行うキャンペーンを試みました。ブランド指標を測定したところ、広告想起は11ポイント、メッセージ理解は4ポイントの向上で、完全視聴率は平均83%に達しました。

Facebookインストリーム広告

Audience Networkの一部の参加アプリおよびウェブサイトでは、インストリーム広告のプリロールおよびミッドロール配置が可能です。すでにInnocent Drinks、TD Bank、Warners Brothers Germany、Universal Music UKといった広告主が、Audience Networkインストリーム広告限定のキャンペーンを実施しています。Universal MusicはLana Del Reyの新作アルバム『Lust For Life』の英国リリースのために、Lana Del Reyや類似アーティストのファンをターゲットとしてAudience Networkにインストリーム広告を展開し、動画完全視聴率80%以上を達成しました。

Facebookインストリーム広告

動画視聴行動は絶えず変わるものです。Facebookは今後も、広告の配置についてより柔軟な選択肢を提供し、機器やコンテンツタイプや広告形式を問わず、消費者に優れた広告エクスペリエンスを提供する方法を模索していきます。

https://www.facebook.com/business/news/a-new-way-to-buy-in-stream-video-ads-on-facebook-and-audience-network


  • このエントリーをはてなブックマークに追加