このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.10.3

D2C、東南アジア最大級のインフルエンサーマーケティング企業「Gushcloud」と提携

D2C

株式会社D2C(会社URL:http://www.d2c.co.jp/)は、インバウンド向けマーケティング事業のサービス拡充のため、東南アジアを中心に世界8か国でインフルエンサー・マーケティングを手掛けるGushcloud Pte Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Vincent Ha 以下、Gushcloud)及び、日本法人である「Gushcloud Japan」(以下、GCJP)と資本業務提携を行いました。
尚、GCJPは10月3日より営業を開始致しました。

シンガポールに本社を置くGushcloudは、東南アジア圏やアメリカを中心に、各国で多大な知名度と影響力を持つトップインフルエンサー40名(合計フォロワー数1.5億人)の他、パートナーインフルエンサー12,000名が所属しており、その延べフォロワー数は4億人を超えるネットワークを持つ

大手インフルエンサーマーケティング企業です。また、Gushcloudでは、社会に影響力の高いトップインフルエンサーを表彰するアジア最大規模のアワード「Influence Asia」(https://influence-asia.com/)も主催しています。

日本では2020年のオリンピックに向けて海外からの旅行客が年々増加し、2016年の訪日外国人数は2,400万人(※1)までに成長しています。中でもGushcloudがサービスを展開する東南アジア主要国は、韓国、中国、台湾、香港に次ぐ訪日外国人数を誇り、2016年には6か国合計で251万人もの方が来日しています(※2)。

これらの国々は人口も多く、高い経済成長が予想されることから、今後もさらなる来日客の増加とインバウンド需要の高まりが期待されます。
既にアジア地域を中心に6つの国と地域で5つのグループ企業や営業拠点を展開するD2Cは、日本企業の東南アジア各国におけるプロモーションを支援するインバウンド向けマーケティング事業のサービス拡充を目的に、当地域で圧倒的な影響力を持つインフルエンサーを囲うGushcloudの日本法人であるGCJPと連携し、既存のデジタルマーケティングにおける知見と営業力をかけあわせ、日本企業及び日本のプロダクト、地域など様々なジャパンブランドを海外に認知・展開させるための総合的なサポート体制を強化してまいります。

また、11月に広告主、広告会社、PR会社等を対象としたGCJPのオープニングイベントを開催致します。本イベントでは所属するインフルエンサ―の紹介、並びに事業紹介等を行う予定です。詳細につきましては、近日中にGCJPウェブサイト(www.gushcloud.co.jp/)にてご案内いたします。

Gushcloud Japan 概要

▽商号: 株式会社Gushcloud Japan
▽所在地: 東京都中央区銀座6-18-2野村不動産銀座ビル
▽経営陣 
 代表取締役: 上野 和孝
 代表取締役: Vincent Ha(*) / (現Gushcloud Pte Ltd. CEO)
 取締役: 澤 宏明(*) / (現 株式会社D2C 国際事業室 部長)
 取締役: Althea Lim / (現 Gushcloud Entertainment CEO)
 取締役: 本間 広宣(*) / (現 株式会社D2C 執行役員)
  (*)上記3名は、新任取締役として10月就任予定
▽主要株主: Gushcloud Pte Ltd. / 株式会社D2C
▽事業内容: インフルエンサ―マーケティング事業
▽URL: https://www.gushcloud.co.jp/

Gushcloudとは

▽商号: Gushcloud Pte Ltd.
▽所在地: 60 Anson Road #07-01 Singapore 079914
▽CEO: Vincent Ha
▽エグゼクティブパートナー: 市村 康朗 (日本担当)
▽設立年月日: 2012年2月18日
▽事業内容: インフルエンサ―マーケティング事業
▽URL: https://www.gushcloud.com/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加