このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.10.5

ALBERT、AIを用いた自動ターゲティングサービス「Gripper」をリリース

Gripper

 株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上村崇、以下ALBERT)は、人工知能(AI)を用いた自動ターゲティングサービス「Gripper(グリッパー)」を2017年10月5日にリリースいたしました。

「Gripper」の開発背景

 ALBERTは創業以来、高度な分析力を強みにビッグデータアナリティクス領域で成長を遂げてまいりました。中でもマーケティング領域においては、国内でいち早くレコメンドエンジンやプライベートDMP構築サービスの提供を開始し、数多くの導入実績を積み上げてきました。これまでの豊富な実績から得られたノウハウを活かし、多くの企業のマーケターが簡単に使用できる顧客ターゲティングツールの製品化を目指し、自動ターゲティングサービス「Gripper」を開発いたしました。

「Gripper」について

 「Gripper」は、購買・閲覧・属性等の定型データだけではなく、画像・テキスト等の非定型データも含めて総合的に活用することで、自動で顧客ターゲティングを行なうサービスです。
 ディープラーニング技術を用いて画像・テキストデータから抽出した商品カテゴリやブランド等の特徴と、購買・閲覧・属性等のデータを掛け合わせて解析することにより、総合的に顧客の好みを把握し、機械学習を用いてターゲティングします。商品カテゴリやブランド等の粒度で、適切な販売促進を行なうことができます。

 画像やテキストの特徴をディープラーニングで学習するため、購買や閲覧のデータが存在しない新商品においても、ターゲティングを行なうことができるというメリットもあります。

 従来の顧客ターゲティングでは、性別・年代・購買回数・購買金額・最終購買日等の定型データのみを用いてマーケターが手動でセグメントを作成するため、恣意的になりがちでしたが、「Gripper」はそのような課題を解決しています。

「Gripper」の活用方法

 DMやカタログを送付する際に、適切なターゲットを自動的に抽出してアプローチを行なうことができます。
 「Gripper」は、各種のデータウェアハウス、DMP、マーケティングオートメーションツール等と連携することもできます。
Gripper

「Gripper」製品サイト

 https://www.albert2005.co.jp/gripper/

 ALBERTは今後も、 “分析力”と“システム開発力”を強みとするデータサイエンティスト集団として、クライアントのデータ資産を企業価値の向上に繋げる支援を続けてまいります。

株式会社ALBERT

2005年7月設立。事業コンセプトは『分析力をコアとするデータソリューションカンパニー』。
高度なデータソリューションを提供するためのコアコンピタンスである『分析力』は、アナリティクス領域における、「マーケティングリサーチ」「多変量解析」「データマイニング」「テキスト&画像解析」、エンジニアリング領域における、「大規模データ処理」「ソリューション開発」「プラットフォーム構築」「最適化モデリング」の8つのテクノロジーで支えられています。8つのテクノロジーには豊富な実績に裏付けられた、ALBERT独自のアルゴリズムや手法が用いられており、優位性を確保しています。

Tags: , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加