このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.10.11

LINEの運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」、新たに「LINEマンガ」上での広告配信を開始

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、新たに「LINEマンガ」上での広告配信を開始いたしましたので、お知らせいたします。

「LINE Ads Platform」は、「LINE」および「LINE」関連サービスを対象として、2016年6月から「LINE」のタイムライン及び「LINE NEWS」サービス内での広告配信の本格運用を開始いたしました。以来、2017年9月末時点で約3,000の企業・ブランドに利用されております。

この度、「LINE Ads Platform」では、ブランド広告企業におけるマーケティング活動の最大化を目的に、新たに「LINEマンガ」上での広告配信を開始*1いたしました。

*1:サービス開始時は「LINEマンガ」アプリのみでの配信となります。仕様は発表当時のものであり、今後変更される可能性がございます。
*1:サービス開始時はiOSのみの対応となります。Androidへは順次対応いたします。

アプリダウンロード数1,700万件超の「LINEマンガ」上での広告配信を開始

LINE漫画 広告

「LINEマンガ」は、特別な電子ブックリーダー不要で、気軽にマンガ・ノベル作品が楽しめるスマートフォン向け電子コミックサービスです。2013年4月のサービス開始以降、250社以上の出版社・レーベルを通じて、電子コミックストアで現在までに20万点以上を配信し、出版社横断型で約200作品が更新される無料連載プラットフォームを構築するなど、豊富な作品ラインナップが評価され、アプリのダウンロード数は1,700万件を突破し、スマホマンガアプリダウンロード数ランキングにて1位となっております*2。また、週間利用者数(WAU)ランキングにおいても1位となり*3、日本国内におけるゲームを除くiOS・Google Playのアプリ年間収益ランキングでもiOSのブックカテゴリ・Google Playのコミックカテゴリでそれぞれ1位を獲得*4するなど、同カテゴリーのサービス内で国内最大のサービスに成長しています。

*2:ios,Android合計 2010年7月〜2017年6月 出典/App Annie
*3:ios,Android合計 2017年6月平均 出典/App Annie
*4:「2016年アプリ市場総括レポート」より 出典/App Annie

さらに、スマホマンガアプリ1人あたりの利用時間ランキング*5では「LINEマンガ」が3時間17分(1ヶ月あたり)で1位を記録しています。当社によるユーザー調査*6においても、1人あたりの利用頻度は「ほぼ毎日」が49%と約半数を占め、「週に1日以上」は87%と約9割にものぼるなど、「LINEマンガ」の特徴である無料連載プラットフォームが多くのユーザーに支持されていることがうかがえます。

*5:2017年2月時点 出典/Nielsen Mobile NetView
*6:LINE調べ/調査委託先:マクロミル/回答者:15〜49歳の男女1,229名/調査期間:2017年2月14日~2月20日/調査手法:インターネット調査

なお、ユーザーの属性*7は男女比率 4:6となっており、全体に占める年代の内訳を見ると15−19歳の利用が27%である一方、20-30代の利用も60%(20代:35%、30代:25%)となっており、若年層のみならず幅広い層で利用されています。幅広いユーザー層に利用される「LINEマンガ」への広告出稿により、広告主はより多くのターゲットにリーチすることが可能となりました。また、動画広告の配信にも対応しているため、多様なクリエイティブでより訴求力のある広告展開が可能です。
*7:LINE調べ/調査委託先:マクロミル/回答者:15〜49歳の男女1,229名/調査期間:2017年2月14日~2月20日/調査手法:インターネット調査

LINEでは、今後も様々なメニューを通じて、企業とユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。

「LINE Ads Platform」ご利用に関する 各種お問い合わせ先: lap_req@linecorp.com

「LINE Ads Platform」とは

「LINE Ads Platform」では、広告配信実施企業が専用の管理画面から予算・期間・ユーザー属性・クリエイティブ等を登録・入札し、「LINE Ads Platform」のシステムにより広告が選定され、ユーザーに表示されます。運用型配信システムに切り替えることで、枠数や予算上これまでLINE上に出稿できなかった企業も広く利用が可能になり、また、広告の表示有無やその効果等を細かく確認・検証しながら運用することができ、予算が限られているプロモーションへの対応や、売上予測や目標達成度等に合わせた配信が可能になります。

また、「LINE Ads Platform」を通して、大手ニュースメディアから業界特化型メディアまで、アプリも含め多種多様な1,000を超える掲載先を持つネイティブ広告プラットフォーム「Hike Network」への配信も可能です。「Hike Network」は、特にダイレクトレスポンス系商材と相性が良く、これまでも高い実績を多く記録しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加