このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2017.10.13

マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、マーケティングBI「Datorama」と 連携開始

アドエビス datorama

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、Datorama Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:布施一樹、以下デートラマジャパン)が提供するマーケティングBI「Datorama(デートラマ)」の連携を開始することを発表します。

デジタルマーケティングにおけるマーケティング手法は、純広告、リスティング、DSP、アフィリエイト広告、ソーシャル広告と広告手法の複雑化と同時に、集客したユーザーの分析手法も複雑化しています。
このような分析ニーズ変化へ柔軟に対応できるよう、アドエビスはマーケティングBIであるDatoramaとのシームレスなデータ連携を可能にしました。Datoramaと連携することで、アドエビスによって取得した様々なデータを、自由な組み合わせ・見たい分析軸で簡単にレポーティングすることができるようになります。

とりわけメディアコストと計測CVを付け合わせてレポート/分析をする業務は、広告投資効果を把握する上で広告代理店・広告主で日々行われています。メディアコストは媒体出稿側、CVデータは計測ツール側とバラバラに管理されているため、データダウンロード・加工の作業が大量に発生しています。

今回の連携により、データの自動付け合わせが可能となり、膨大な時間をかけるレポート作成作業が不要になります。マーケターは迅速にデータ分析に取りかかれ、データを元にした的確な意思決定へと迅速につなげることができます。
尚、アドエビスをすでに利用している企業は、これまでの計測データを使った分析が可能です。

アドエビス datorama

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

「Datorama」について

DatoramaはマーケティングBIとして、全世界のブランド企業、広告代理店、メディア運営会社、マーケティング系プラットフォーマーが活用しています。Software-as-a-service (SaaS)型プラットフォームのDatoramaは世界唯一のマーケティングデータ統合・分析エンジンであり、数十から数百のデータソースをシングルデータソースとして統合し、より効果的なレポート作成、さらに、迅速な意思決定を支え、マーケティング活動全体の統合的管理を可能にします。エンドツーエンド・マネジメントと機械学習及び人工知能、高機能なアーキテクチャが組み合った唯一無二のソリューションが、データ・ドリブンマーケターたちが、あらゆるマーケティングデータを繋ぎ、統合し、分析し、意思決定することを容易に実現します。Datoramaは数千のトップ企業のマーケティング分析を支え、現在全世界16拠点でビジネスを展開しています。最近では従来のAPIに加え、日本独自のYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)、スポンサードサーチ広告や、マルケト、インテグラル・アド・サイエンス、Moatなどと接続しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加